【修理】東芝 洗濯乾燥機 TW-Q700

洗濯機がエラーをだして止まっているということで、買い替えかーと思ったのですが一応自分でわかるくらいならと思い確認。

こちらは、東芝製の TW-Q700という洗濯乾燥機で平成21年(2009年)に購入したもののようです。

10年と考えるとまぁ、こんな程度かなと思いますがエラーメッセージはE-1エラー、水漏れ排水に問題ありということのようです。

 

確かに脱水前に排水がされていないことが問題のようです。

水漏れはなし。

排水不良ってことですね。

 

と、いう前情報として、ここを見ている人はんなこたぁいいんだよ、どうやって直したかを教えればいいんだよ!っていう方もいらっしゃると思うので

【原因】

排水弁を動かすためのワイヤースプリングの破断。

【対応】

ワイヤースプリングの修理

で直っております。

こちらが、使用した工具一式。

長いドライバーが必要です。

フロントをカコっと外します(ねじはどこにあったけかな、フロントか下側とかだったと思いますが、そこまで大変なところにはありませんでした)

汚いですね、パッキンもびろーんってしてますし。

フロントを開けると、左下くらいの奥にこのようなところが見えます。

ここが排水の弁となります。

本当は、この真ん中くらいにワイヤーがあってそこにつながっていないといけない構造です。

ワイヤーが引っ張られて、排水弁が動いて排水っていう感じですね。

ここにアクセスするためには、手前の乾燥につかっているようなボックスを外さないといけません。

このよう感じでプラスチックのくぼみになっているところの奥にプラスねじが止まっているので、たしか4か所だかを外します。

ここである程度長いドライバーが必要になります。

うちに転がっていたのはこちら。

↑これいくらいでも足りるとは思いますが、足りなかったらごめんなさい。

普段からPCを開けたりするときにつかっているドライバーと比べるとこれくらいの差がありますが、ここまで長くなくてもなんとかなります。

外すとこんな感じになりますが、埃の塊とかがあるので掃除してしまいましょう。

っていうか、これ乾燥に負担がかかっていたんじゃないでしょうか。。。

定期的に掃除する部分なんですかね。

すると、ワイヤーが見えると思います。

こんな感じでワイヤーがひっかかるようになっています。

排水弁側はこんな感じ。

破断したスプリングのワイヤーが見えますね。

こいつをくるくるっと外します。

そうすると、こんな感じにばねが入っています。

ワイヤーは気にしないでください。

ここは、ただはまっているだけなのでゴムを傷つけないように外しましょう

外すと、スプリングワイヤーというのかワイヤースプリングというのか、スプリングだけでもいいのか、そんなパーツが取り出せます。

白い棒状のパーツの端っこにスプリングがひっかかって、それがゴムにはまり込んでいるのでスプリングを引っ張るとゴムが動くという構造です。

破断したスプリングさん。

ここの先端がどのようになっていたのかは、今となっては定かではありません。。。。

周りをみてもみつかりませんでした。

丸やっとこというのでしょうか、ビーズや手芸などで使うためのペンチを使って先端を丸めました。

こんな感じにしました。

で、端っこをもとのようにプラスチックに取り付けます。

こんな。

当初、しまう前にワイヤーなどでがっちりと固定してしまおうと思っていたのですが、ワイヤーをつけるためにはちょっと厳しいのと、どうもあとから外したりもできるようにしないといけないっぽいので変更。

なので、このワイヤーはみなかったことにしてもらって、こんな感じでつけますよーってかんじ。

蓋をします。

ここら辺をつけるときには、埃や遺物を噛みこまないようにしましょう。

噛みこんだりするとゴムを痛めるだけではなくて水漏れに直結します。

はい、ここまで来てわかった図。

あ、これワイヤーじゃいかんともしがたいわ。。。。

また、ばらしました。

ステンレス鋼線を用意しました。

こんな感じにまげまげ。

この長さにするのに、2回切りなおしてます。。。。

さすが鋼線、くそ硬い。

こんな程度の針金、らくしょーだろーって手持ちのニッパーでやったらぱきっだって。。。え。

KNIPEX(クニペックス) 強力型ニッパー 160mm 7401160

KNIPEX(クニペックス) 強力型ニッパー 160mm 7401160

2,830円(07/05 21:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

こんな感じで接続

 

ちなみに、こんな電動ドライバーも使いましたが、同じところをなんどかやり直したりするときには非常に有用でした。

ある程度きれいにしたら、動作確認。

そうですよ、下からひっかけるんじゃなくて上からひっかけたかったですよ。

でも、また分解して上下入れ替えるのめんどくさすぎたので、いいんです、なんどか動かして外れそうにもなかったのでこれで。。。うぇーん。

にゅいーってひっぱられていきました。

成功です。

水漏れもありません。

 

そんなわけですので、それでも洗濯機を買わないといけなくなった人は下記リンクから買ってくれると、僕の工具代などに変換されることもあるので、こういうわけわからない記事が増えます。

洗濯乾燥機へのリンク

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です