撥水&防水仕様 3分で暖かい! 防寒手袋 : ヒーターグローブMAX

20120109-000253.jpg

一昨年くらいから気になっていた、ヤフオクなどにでているヒーターグローブ。

電池で3分でぽっかぽからしい。

ということで、この頃のヤフオク熱が冷めやらぬうちに購入してみた。

ヤフオクの説明はこんな感じ。

商品説明だから持ってきてもいいよね。

 

寒い冬場のホットなアイテム!!

撥水&防水仕様!!
自転車やバイクでの通勤やウインタースポーツに!!
スイッチON⇒3分であったか!!
シンサーレートヒーター搭載!! 防寒手袋!!
防寒 ヒーターグローブ フリーサイズ

 

IFD-004 ヒーターグローブMAX
説明 自転車やバイクでの通勤、冷え込んだ朝夕の散歩、屋外での長時間作業やアウトドア、
スキーや釣りなどのシーンで活躍。 また、冷え性の方などにもおすすめ。
撥水&防水仕様なので、雨や雪で濡れても大丈夫!ブリーザブル撥水加工を施し、
耐久性と通気性に優れています。
寒い冬場のホットなアイテムになること間違いナシ!
サイズ フリーサイズ(甲周り20~25cm、中指8~9cm)
重量 約130g(片手・電池含まず)
電源 単三乾電池×3本(別売)
電池寿命 アルカリ電池使用時 約3~4時間
発熱温度 40~45℃(外気温により異なる)
材質 本体:ポリエステル他(ブリーザブル撥水加工)
電池ボックス:ABS樹脂
セット内容 左右手袋×1、電池ボックス×2
ON/OFFスイッチ/td> あり
保証期間 半年間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

送料とかも入れるとそれなりの金額になるんだけども(3000円~4000円の間くらい)、送料を加味しなければ2000円くらいで買えるグローブとしてはまぁ。。。

さて、開けてみた。

質感としては、悪くない感じ。

20120109-000301.jpg

ゴアテックスとかから良く見だしたこういうタグ類。

こういうのがついていると、なんかいい素材なのかな?って思ってしまう。

20120109-000310.jpg

LIU-TEXだって。

どんなすごい素材なんだろうってグーグル先生に教えてもらったら、グーグル先生が知らぬ!って返ってきたよ。。。

Litexとかしかでてこなかった。。。まぁ、、、、うん、そういうこともあるよね。

20120109-000317.jpg

こちらは、シンサレートという天下の3Mの素材らしい。

いろいろと種類があって、このタイプはスタンダードなんだそうだ。

40gは、まぁ使っている量だろうね。少ないとは思う。。。

20120109-000324.jpg

んで、電池ボックスと電池。

電池ボックスは使わないときにははずしておける親切設計。

単三電池3本使用。

手首の上のところに電池ボックスを入れる袋があって、そこの中にケーブルが入ってる。

 

20120109-000331.jpg

電池ボックスを入れるところに切れかきがあって、そこにこんな感じでコネクタを出すとちょうどいい感じ?

雨降ったら、、、とか考えるのはやめよう。

 

さて、実際に使ってみた。

電池は、エネループが写っているが、そのあとにちょっと気になってアルカリ電池も使ってみた。

結果は変わらなかったので、どっちを使ってもいいかと思う。

 

外気温は、20度の室内使用。

外気温によっては温まるまで時間がとかあるので、20度だったら3分くらいでほかほかになるだろう。

もしかして、熱くって大変になるんじゃ?!

バイクのグリップヒーターは、外気温によっては熱くって触ってられなくなるくらいになるからね。

なんて思いながらスタート。

電池ボックスにあるスイッチを入れると赤いLEDが点灯する。

 

3分経過。。。。あた、たかく、、なってるかなぁ。。。

6分経過。。。。あ、これ、ここが暖かくなるのか。。。

え?ちょっとまて。。。

上の写真を見てもらうと、指の甲のところになんか板状のプロテクター?みたいなのがあるのがわかると思う(写真とるの忘れたねん)

写真では、なんか手全体がほかほかに見えるよね。

全体が発熱とか書いてあるし。

 

でも、本当は

「指の甲についているところだけが発熱する」

んだよ。

それで、大事なのはここも

「親指には発熱体がない」

 

発熱体は、だいたい各指(親指抜かす)の第二関節から指元くらいまで。。。。一番冷たい指先は、ないね。

 

でも、ほら僕のバイクってばグリップヒーターついてるから手のひら側は暖かくなくてもなんとかなるし。

でも、ほら人の感覚ってあてにならないから、もしかしたら極細ヒーターが入ってるんですとかで、室温が高いのでわかりずらいのかもしれないじゃないですか。

かもしれない、かもしれない。

 

一応、日本のメーカーの物みたいだし。

作ってるのは中国だったけど。

 

で、測定機器は0度から100度まで計れるアルコール温度計!

手を抜いて、ちょっと経ってから、まずは親指に入れてみて5分くらい放置。

20120109-000338.jpg

取ってすぐに写真、撮った時から温度が変わってないことも確認しながら。

19.5度

はい!どう見ても室温と同じでした。

しょうがない、親指は仕方がない。。。うん。しかたねぇ。

 

次に、中指の指先とか思いましたがちょっとかわいそうな気がしたので(あくまでも気)、発熱体にあたるように温度計をセット。

またもや、5分放置。

温度計上限とかまでいっちまったらどうしよう。。。。。。とか、思ってないけど。

20120109-000345.jpg

22度

・・・・・・・・室温20度に対して、22度。

 

うん、あたたたかくなってるー!!!

すげぇぇよ!さっすが単三電池3本の威力だよ!

 

電池を手に持ってる分、カロリー消費してこれくらい体温あがんじゃね?って気もしなくもないけど、ビバ!電気の力!

ビバ!科学万能!

このハイテクグローブで冬の寒さに打ち勝つぜ!

 

懐具合は寒くなりました。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です