【クラウドファウンディング】ライソン 家庭用 珈琲焙煎機ホームロースター

Makuakeのライソン 家庭用 珈琲焙煎機ホームロースターです。

クラウドファウンディングしたのは、

「【ハマ珈琲厳選生豆付き】ホームロースター本体+生豆1kg」:17000円

2019年6月末くらいには発送予定とのこと。

去年、kickstarterであったkelvinというロースターが欲しくて、購入しようとしたら日本は発送不可とお断りされて、メールで問い合わせまでおこなったのですがあえなく残念となりました。

理由は、電圧の関係とのことでしたので日本でも110Vの製品なら多分動くから!って伝えたところ、検討してみるといわれましたが、結果は駄目だと。。。110-120Vの中国地域とか対応してるなら多分いけるのに。

豆が動いているところとか見えて楽しそうなのに。。。。

 

2019年2月に発送予定だったようですが、3月現在でまだ最終試験中みたいですね。

まぁ、kickstarterは基本として遅れるのでまだ慌てるタイミングじゃない。

とかいっていると、破産しましたとかになるんだけどね。

 

珈琲の焙煎は1度手を出したことがあって、その時にはほうじ茶の焙煎するような陶器のもので試したのですが、熱さと煙とチャフとでちょっとめげました。

そして、色が付いてからの反応が早くてすぐに煎りすぎになってしまったりと、安定せず。

しかしながら、巧く焙煎できたときのドリップしたときに盛り上がってくるのがすごくて、美味しく感じました。

TOJIKI TONYA 焙じ器 60101

TOJIKI TONYA 焙じ器 60101

2,940円(06/24 17:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
有田焼コーヒー焙煎器 香烙

有田焼コーヒー焙煎器 香烙

5,110円(06/24 19:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

自動で焙煎してくれてチャフも飛ばしてくれるようなのがあったら焙煎してみたいよねって思っていたのです。

で、こちらのホームロースターです。名前がホームロースター。

会社は日本のライソン株式会社というところで、ホームページの製品を見てみると、、、あ、ここのホットサンドメーカー持ってるわ。

っていう会社でした。

D-STYLIST 着脱式シングルホットサンドメーカー KDHS-003W

D-STYLIST 着脱式シングルホットサンドメーカー KDHS-003W

2,328円(06/24 19:14時点)
Amazonの情報を掲載しています
LITHON 万能電気圧力鍋 KLPT-02AB

LITHON 万能電気圧力鍋 KLPT-02AB

9,280円(06/24 17:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

いろんな物を作っているところなので安心。

そして、Makuakeに多く見られるkickstarterなどで成功して製品化した商品を日本で売るためにクラウドファウンディングするっていうような商品ではなくて、こちらの会社が0から作ったというのもいいですね。

これぞクラウドファウンディング。

Makuakeは、どちらかというと商品化して売ることの目処を立ててから市場販売する前に、少し安くするから買わない?みたいな市場調査を兼ねてる側面もある感じなので、たぶんこちらの商品も6月お届けということは、製品化は済んでいて工場にどの程度発注するかっていうのを計ってる感じがします。

なので、余程のことがないかぎり6月に届きそうです。

 

【商品紹介】

中身は上側から覗けるようになっていて、チャフもきちんと分けてくれるようです。

こんな感じ。

煙はどうなのかは分からないけど、換気扇の下でやってもいいし。

ただ、少し残念な点は中煎りと深煎りしか選べない点。

浅煎りはない。

あとは、1度に焙煎できる豆の量が60g(焙煎前)までとのこと。

デロンギのコーヒーメーカーにいれて使うことを考えると200g程度は焙煎しておきたいんだけどなぁ。

でも、60gもあればドリップで3、4杯程度は入れられる計算(焙煎後は47g程度まで減る)なので、一日置いてから飲み始めることを考えるとまぁ、丁度いいのかもしれませんね。

1回の焙煎で約20分程度とのことなので、連続使用が可能なのかはわかりませんが3、4回程度まわせば間に合いそうです。

スペックは以下のとおり

付属品:ホームロースター本体、フタ、チャフフィルター、お掃除ハケ、軽量スプーン

一度の焙煎で最大生豆60gの焙煎ができます。焙煎後の重量は約50gになります。

定格電圧:AC100V
定格周波数:50/60Hz
消費電力:1150W
温度ヒューズ:216℃
連続使用時間:20分
本体サイズ:約W20.8×17.5×H24.6cm
本体重量:約1.2kg
電源コード:約1m
付属品:お掃除用ハケ、軽量スプーン

材質
本体    PP,SUS430
フタ ガラス,SUS430
チャフコンテナ    SUS430, PET+30%GF,PP
フィルター    SUS304
ローストコンテナ    アルミニウム

一般販売価格:20000円

 

 

さて、最初にあげたkickstarterのkelvinとはどんなところが違うのでしょうか。

もちろん、Kelvinの方はまだ完成品がないので、kickstarterでのキャンペーン時のスペックにはなります。

ホームロースターは中煎り、深煎りの2種類に対して

Kelvinは、時間指定なので浅煎りから深煎りまで好きな時間焙煎可能。

ここは素直にうらやましい。

もちろんチャフも冷却ファンで取り除きます。

※こんなに綺麗に取れるのかは疑問ですが。

華氏392度、摂氏200度のヒーターのおかげかはわかりませんが、10分程度で焙煎が完了すると書いてあります。

1度に焙煎できる豆の量は100~120g(焙煎前)。

 

現時点でのプレオーダー価格は250ドル(豆付属、送料等別、日本への発送不可)。

 

こちらはこちらで売り出されたら買ってしまいそうではありますが、お手軽に焙煎を試してみたい、速く試したいうずうずっていう方は、makuakeで買ってみるのも楽しそうじゃないでしょうか。

届いたらレビューいたします。

クラウドファウンディングしたのは、

「【ハマ珈琲厳選生豆付き】ホームロースター本体+生豆1kg」:17000円

2019年6月末くらいには発送予定とのこと。

生豆は、近所で売っているところもあったのですが、焙煎した価格と同じという残念な価格だったので、Amazonとか通販で買うことになるかとおもいます

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です