【レビュー】Meross WIFIスマートプラグでメタハラ管理

Meross WIFIスマートプラグで、水槽のタイマー類を管理とメタハラも付けられるんじゃない?っていうことで、のレビューです。

 

色々な形状のWi-Fi対応プラグが出ていますが、形も小さくなってきていますしAmazon EchoやGoogle HOMEなどにも対応している製品も多くなってきたので考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

とはいえ、こういったWi-Fi対応のコンセント(スマートプラグ)は、コンセントの抜き差しで動作可能な家電にしか使えないことに注意です。

この辺が曖昧なまま買ってしまうと、ただのOFFにする機械にしかなりません(コンセントを抜くのと同意)。

例えば、

Wi-Fiスマートプラグが使える物

・ON/OFF スイッチが機械式のランプ(ライト)

・スイッチが回しておくだけでONになる電熱ヒーター

 

Wi-Fiスマートプラグが使えない物

・石油ファンヒーターなどのコンセントの抜き差しではON/OFFにならない物(OFFにはなりますが危険ですよね)

・加湿器や空気清浄機などのコンセントを入れてからONにする必要のあるもの。

基本的にはコンセントを入れてから、電源スイッチを押したりする必要のある家電は使えません。

そんな家電を使いたいときには MicroBot pushやSwitch Botなどを使いましょう。

【クラウドファウンディングレビュー】MicroBot Push: a robotic finger for your buttons

 

まぁ、それはそれとして、Wi-Fiスマートプラグですが家の外から付けたり消したりっていうのも便利ではあるのですが、それ以上に便利なのはこれタイマー機能が組み込まれているんです。

 

水槽って結構タイマー制御が多いんですね。

特に水草水槽だと

・ライト

・CO2電磁弁

・エアレーション

……あるぇ、思った以上に使ってませんでした。

うちは、LEDライトとADAソーラー1で別系統でタイマー制御しているから多く感じただけかもしれません。。。

まぁ、でも水槽があると最低1つは使うわけです。

これまでは、下のようなタイマーを使っていました。

ニッソー プログラムタイマー NT-301

ニッソー プログラムタイマー NT-301

6,500円(11/12 19:34時点)
Amazonの情報を掲載しています
簡単デジタルタイマー PT70DW

簡単デジタルタイマー PT70DW

1,182円(11/12 22:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

昔はタイマーって高かったんですよ。

ニッソーのプログラムタイマーなんて何年使っているかわかりませんが、まったく壊れる気配がありません。

ただ、こいつは内部に使っているボタン電池がなくなるとコンセントを抜いてしまうとプログラムが消えてしまうんですよね。

リーベックスさんのタイマーは今のタイプは、一個だけならメタハラを接続してもいいって書いてあるとおり、なかなかメタハラなどの出力(特に電源オン時)に対応していないものばかりでした。

なので、アナログのタイマーとか使っていたのです。

ですが、Wi-FiスマートプラグってそういえばプログラムでスケジュールON/OFFできるよねぇ。

ってことで、もしかしてつかえるんじゃない?と。

Meross WIFIスマートプラグは、

最大15A及び1875Wの使用ランプ、加湿器、炊飯器、冷蔵庫、電子レンジ等の家電製品にタイミング機能の対応できます。電源オン/オフのスケジュール、タイマー、カウントダウンの設定が可能です。

と書いてあるとおり、15Aで1875Wと、なぜか125V計算なのかはちと不明ですが15AまではOKということと、電子レンジや冷蔵庫にもつかえるということで、150wのメタハラくらいなら楽勝じゃないか?っていう気がします。

ちなみに、リーベックスのタイマーも入力電流:15A(1500W)まではOKとなっていますね。

他のメーカーのものは、何Aまで対応しているのかきちんと書いてないんですよね。

もしかしたら製品には書いてあるのかもしれませんが。。。

 

というわけで、今回はMeross WIFIスマートプラグを買ってみたのでちとレビュー

【レビュー】

日本対応だと思いますが、3Pコンセントではなくなっています。

そういえば、Wi-Fiスマートプラグって、N側とか気にしてないのかな。。。

125Vで15Aとなっていますね。

100Vでも動いたので大丈夫でしょう、もちろん50hz/60hz共用です。

普通に日本と同じ、形状のコンセントですね。

片側が太くなっていたりもしていませんので、延長コードなども選ばないでしょう。

基本的にはスイッチなので、となりにボタン式のスイッチが付いています。

接続はMerossのアプリを使います。

まぁ、接続自体は簡単です。うちでは、IoT機器にはゲストWi-Fiをあてがってます。

というわけで、スケジュールはこんな感じで曜日によって決められるので、平日は時間を短めに(苔るから)して土日は家に居る時間が長いので長目にしたりしています。

すでに1ヶ月弱を動作させていますが、問題なく使用出来ています。タイマーがずれたりすることや消えたりすることもないですね。

LEDの点灯もWi-Fiスマートプラグに変えたので、これまでは見えないところでタイマー管理していたので手が届きにくかったのですが、スマホからON/OFFができるので、好きなときに点灯できるのでとても便利です。

 

っていうわけで、水槽のタイマー管理もWi-Fiスマートプラグで管理するととてもお手軽ですよってお話しでした。

水替えするときにフィルター類を止めたりするのにも遠隔でON/OFFができるWi-Fiスマートプラグにしてしまうのもありかなぁと思います。

フィルターを止めたのを忘れても、毎日決まった時間にONにするなどの設定だけ組んでおけば、万が一オフにしっぱなしでも、決まった時間にONにだけはしてくれるというシステムも構築可能です。

他にもなにかにつかえそうなんですけどねぇ。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です