【レビュー?】メッシュ Wi-Fiのいいところ駄目なところ

メッシュWi-Fiを導入するにあたって、???になっていた箇所などを自分なりに理解した(つもり)なので、それの備忘録的なもの。

変なところが多々あると思いますが、その辺はご容赦ください。

明らかな間違えはコメントなどでよろしくお願いいたします。

 

この界隈って、同じ言葉でも各メーカー毎に微妙にニュアンスが違うことや違う言葉で同じ機能が多々あるので、嫌ですよねぇ。

 

【これまでのWi-Fiとブリッジモード(APモード)】のイメージ

ビジネスホテルとかで階数毎に、Wi-FiのSSIDを”Hotel-1F-5G”とか”Hotel-2F-5G”とかで切り替えないと電波が弱くて遅いっていう経験したことないでしょうか。

もしくは、”Hotel-2F-5G”は電波が1個しかたたないけど、”Hotel-2F-2.4G”は3個たつけど切り替えないといけないみたいな。

これは、Wi-Fiルーターを各階でブリッジモード(APモード)で置いて行ったやり方で、SSIDを変えることで遠い(電波が弱い)ところのWi-Fiに接続することなどを防ぐ方法です。

家でも同じように2.4Ghz帯と5Ghz帯はどちらに接続するかを基本的には、人が選択する必要があります(気にしないでいるとスマホではどちらかを選択していたりします)。

メリット

一番近くて電波強度がいいところを選択して接続することができる。

デメリット

接続先をいちいち登録する必要がある。

接続先が自動で切り替わってしまうことがある(スマホの設定によっては)

SSIDがHOMEとHOME2とに分かれる。

 

【じゃぁ、ローミングってなにさ】のイメージ

ブリッジモード(APモード)で使うときなどや2.4Ghz、5Ghzで分かれているSSIDとPasswordを同一のものにするもの。

メリット

・ブリッジモード(APモード)で使うときにSSIDとPasswordを同一にするために、移動したあとで切り替えたりしなくて済む。

・ローミングは親ルーターと基本的に有線LANで繋いで行く(デイジーチェーンみたいな感じ?)

デメリット

・離れたところで花(Wi-Fiローミングアクセスポイント)が咲くので、そこのWi-Fiが死んでしまうとそこら一帯のWi-Fi環境は終了

・弱いところの電波(速度が遅いところ)をつかんで離さない可能性がある?

どちらもSSIDとPasswordも一緒

有線LANを切ったりするとWi-Fiは飛んでるのに、インターネット接続がありませんとかになる。

近い方のアクセスポイントではなくて、遠い方のアクセスポイントに接続していることがあるので接続速度が遅かったりするときがある。

 

【メッシュ Wi-Fi】のイメージ

・親機と同じWi-Fi機能を持った子機を無線(有線LANもあり得る)で繋いでいく方式

・ホテルなどのように階数が分かれていても、SSIDは”Hotel-Wi-Fi” ひとつだけで切り替える必要がなくアクセスできる

ちなみに、現在でている機種は2.4Ghzと5Ghzは自動切り替えになっていることが多いと思いますので、よりよい方を勝手に選んで接続するようです。

SSIDが5Ghzと2.4Ghzとで分かれてないで一つのSSIDで運用可能です。

ASUSのAiMeshなどの一部の機種では、2.4Ghzと5GhzとでSSIDを変更して使用することなども可能のようです。

メリット

・2.4Ghzの機器(ゲーム機器やIoT機器など)でも、一つのSSIDで済むのでわざわざこっちのSSIDはこっちでこれはこっちなどしなくていい。

・どこの部屋にいっても自動で最寄りの一番つながり具合(速さ)がいいところに再接続してくれる(らしい)

・子機が不調なときには、自動で最寄りのアクセスポイントに自動で接続してくれる(らしい)

・親機と子機は独立しているため多数のWi-Fi機器を接続することができる。

デメリットは

・2.4Ghzと5Ghzが選択できない機種は、どちらに繋がっているか分かりづらく速度がでない場合がある。

・メッシュWi-Fiは有線ではなくて基本的にWi-Fi繋がっているためWi-Fiが不安定な環境では、安定して繋げられる場所の選定が難しい場合がある。

・親機と子機が5Ghzで接続されているときと、2.4Ghzで接続されているときでは速度差が発生してしまう可能性がある。

・Mesh Wi-Fi(メッシュWi-Fi)といっているが、各メーカー独自規格で繋がっていることから他メーカーの機種はメッシュWi-Fi内に存在することができない。

・独自規格なので、メーカーによって微妙にできることとできないことがある。

Easy Meshという規格が出来ていますので、そのうち対応機種が登場することでしょう。

メッシュWi-Fiの接続イメージって大体こんな感じですが、実際は2.4Ghzで繋がっていても機器からは接続状態は良好だよ!って言ってくると思います。

ですが、繋がる台数にもよるかもしれませんが5Ghzで繋がっているよりも遅いです。

遅くても繋がる広さだけは最大にしたいっていうこと以外でしたら5Ghzで繋がるところを模索して繋いでいくか有線LANで接続もできる機種ならそれで繋いだほうが安定するかと思われます。

ちとぎゅうぎゅうになるように書いちゃいましたが、実際の使用イメージに近いかと思います。

5Ghzの電波って本当にすぐに減衰してしまいますので、2台でギリギリかなぁっていうところでは3台とか有った方が安心です。

あとから足せるというのもメッシュWi-Fiのいいところではあるので、1度試してみてからでいいと思いますが。

このイメージくらいの過密度ではないとは思いますが、電波干渉も起こりえるので、できたらトライバンド方式を採用しているもので、5Ghzの一つは親機と子機の接続に使っているというものの方が安定していると思います。

 

家でWi-Fiルーターの近くでは速いけど、特定の部屋とかでは届かなかったり遅かったりするっていう人は、中継器とかに手を出すよりもメッシュに手を出した方が幸せになれると思います。

ルーター自体の機能が豊富のがいいけど、メッシュWi-Fiも使いたいという方は、高級ルーターにブリッジモード(APモード)でメッシュWi-Fiを接続するという手段もいいですし、もしくはASUSのルーターをAiMeshで接続するというのもいいかもしれません。

今思いましたが、TP-LinkなどのメッシュWi-Fiを他の信頼性の高いルーターにブリッジモードでWi-Fiだけ出させてメッシュを構築したら、ある程度安心して使えるようになるんじゃ・・・。

AiMeshでASUSのメッシュWi-Fi Lyra miniを接続して使ってみたレビューも載せていますので参考にどうぞ。

【レビュー】メッシュ Wi-Fi ASUS Lyra miniをAiMeshで

RT-AC5300 AC5300 Tri-band Gigabit Router

RT-AC5300 AC5300 Tri-band Gigabit Router

41,319円(03/25 08:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です