Apple ヘルスケアの情報をFitbitへ移すやり方 βと、睡眠アプリと

Apple Watchで反映されたヘルスケアの情報をfitbitのアプリで見ることができるかなと試したベータ版。

 

どうしてか

・fitbitのアプリの情報が見やすい。

・cloudを提供しているのでPCからも見ることが出来る。

※これはログイン情報が分かっている人であれば誰でも見ることができるので、例えば遠隔地にいる家族なども情報をみることができるので歳をめした両親なんかの情報もみることが可能になることで、見守りケアとかにも使えるかも?

が、まぁ難しいかなぁ。。。(アプリ開いてシンクロしないといけないから)

あとは、うまくいったら、適当な他のアプリの睡眠トラッカー(椅子に座って本を読んでるときとかでも睡眠してることにされたりする)をfitbitレベルの解析にならないかなとかも思ったのです。

 

ですが、思ったようには今のところいっていないので、題名はβとさせていただいております。

ご了承ください。

 

Apple Watch4を手に入れた僕ですが、Apple Watch用のアプリの見にくいことったら。。。という感じ。

ちょっと睡眠アプリをいくつか。

良いといわれているAuto Sleepというアプリの画面ですが、Apple Watchのアクティビティのような感じで丸くすればいいってもんじゃないぞと思うのです。

こちらは、同じ日のSleep Maticという多分中華なアプリ。

fitbitのような見た目をうたっているだけあって、結構見やすくてこれでもいいかなぁとは思うのですが、変な日本語になっていたり明らかに中国語なところがあったりで、ちょっとという点もあるのです。

ですが、睡眠時の心拍数が見れるのはいいですね。

 

ただし、アプリで色々と比較できるというのは強みですし、改善される可能性があるともいえるのですが。

で、これ。

これは、アプリのせいなのかApple Watch(ヘルスケア)のせいなのかはまだ定かではないですが、8時ちょっと過ぎには起きて活動しているのに、12時近くまで寝てることに。んなわけあるか。

それも、ベッドで11時間8分ってなんやねん。

 

Sleep cycleというアプリですが、こちらは目覚ましとしてiPhone単品でも使える感じですかね。

立ち上げておいて、眠るっていうような使い方をするものですが、面白いのが「いびき」を録音してくれるんですよ、これ。

無呼吸症候群とかをとりあえず、音で簡易的に確認ができる感じですかね。

あとは、これってもしや。。。寝言も録音されるのかや。。。。

 

こちらは熟睡アラームというアプリで、これも目覚ましアプリな感じです。

設定した時間に教えてくれるんですが、まだ使ってはいないのですが、クラウドでみることができるらしいので、ちょっと期待。

 

さて、fitbitのお話し。

ネットで日本語のページで調べてみても、fitbit からヘルスケアにデータを送る物は見つかるんですが、逆のヘルスケアからfitbitに送るっていうのは見つかりませんでした。

 

なので、他の国のfitbitの掲示板などを覗いてみたところ、いくつか見つけることができました。

fitbitではヘルスケアとの連携は全く考えていないようですので、今後も歩み寄ることはなさそうですね。

Googleとは歩み寄ったのでそれもあるのかもしれませんが。

ところでfitbit charge 3でSpo2が測定可能にって発売前には言っていたのですが、なぜか発売後からはその記述がなくなってしまってるんですよねぇ。。。

ちと調べてみた結果次のアプリがfitbitへデータを送ることができるっぽいです。

Health App to Fitbit Sync

Sync Solver – Health to Fitbit 

ただ、これどちらも有料アプリなんです。

Health App to Fitbit Syncが720円

Sync Solver – Health to Fitbit が600円

ええ、仕方有りませんので両方買いましたよ。

 

結論から書いておくと

・Health App to Fitbit Sync

こちらは、歩数と体重のみのシンクロしかできませんが、体重は入力していないのでわかりませんが歩数に関してはきちんとシンクロしました。

・Sync Solver – Health to Fitbit

こちらは、水分、睡眠、体脂肪率、体重、歩数がシンクロできるようです。

が、睡眠に関してはまとまったデータにならずに時間が区切られて入力されてしまいました。

 

あと、fitbitアプリですがcharge2とのシンクロを切ったところ、アプリの画面から睡眠と心拍数の表示がなくなってしまいまいした。

どうやってだすんだろうか。。。もう一度シンクロして放置とかしておかないといけないのかもしれない。

一応PCの画面で見に行くと見ることはできるようです。

 

・Health App to Fitbit Sync

セットで買うと820円だかでお安かったので買いましたが、青色の方のアプリはfitbitからヘルスケアにデータを受け渡すものですので、今回はいらない。いらないし、他にも無料アプリで沢山ある。なんてこった。

 

使い方は、fitbitにログインして許可する。

ヘルスケアから歩数と体重を引っ張ってくる許可をする。

SYNCボタンを押す。

だけ。

とてもシンプルです。

まずは、fitbitのアカウントにログインします。

メールアドレスがなかなかうまく入力できませんでした(もしかしたら日本語のIMEのせいかも)ので、メモとかにメールアドレスを1度記載してコピーしておいて、ペーストしました。

こんな感じでプロフィールまで引っ張られますが、もうこの際なのでどうでもいいやとOKにしました。

これ、ヘルスケアとかいろいろとあるんですが、iPhoneで引っ張ってきたデータとか、ポケモンGOでひっぱてきたデータとかわかれてるんですよね。

基本的には統合されてると思われるヘルスケアから引っ張ってきたらいいと思ったんですが、どうもうまくシンクロされません。

今回はApple Watchからのデータを引っ張ってきたらいいので、Apple WatchのStepsのみをONにしてためしたところfitbitのアプリにも反映されました。

ただ、これに720円だす価値ってあるのかな。。。。と大いに悩みます。

 

・Sync Solver – Health to Fitbit

600円ですよ、さっきの720円でまさかの歩数だけだったのですがみていたら(読めよ)、(読んだ)こちらは睡眠(Sleep)もあるっぽいのでぽちっと。

ぽちっと。。。

これは、起動すると勝手に、「ほいfitbitにログインしてけろ」。

次に、「ヘルスケアから引っ張るソースを選択してけろ」ってでてくるタイプです。

あとからも設定など変更できます。

ただ、こちらはヘルスケアっていう項目がなくて、AutoSleepとかのアプリの名前しかないかんじ。

なんか、ちょっと経ってから見てみって感じですね。

あとは、古いデータを同期するときは別途やってねって感じでしょうか。

まぁ、ほとんど使っていないので古いデータはどうでもいいので、いいです。

やる場合はAdvanceという項目が左上にあるので、そこから古い日付を選択してシンクロする感じでしょうか。

 

ワクワク…

 

さて、fitbitのアプリを開いて見てみます。そういえば、fitbitのアプリから睡眠が消え去っています、心拍数も。

これは、多分同期するトラッカーがiPhoneしかなくなったことが原因でしょう。

使わなくなったcharge2を削除してしまったのが原因かと思われます、もう一度シンクロしてみたら現れるかもしれません。

 

でも、PCからは見に行くことができますので、見に行ったところ。。。

なんじゃこれは……。

たぶん、データが分けられて保存されているところを区切りとして読み込んでるんでしょうか。

クリックしても詳細はでてきません。

ちなみに、下の方のfitbit charge2でひろったデータをクリックすると

こんな感じになります。

似たような見え方をするアプリ(SleepMatic)もあるにはあるんですが、ちょっと今一歩。

 

というわけで、現状ではヘルスケアのデータをfitbitに反映させるというのは、半分成功で半分失敗的な感じです。

そーいや、心拍数のデータはどーした。。。シンクロ項目すらないぞ。。。あれ?

 

fitbitのデータに信頼性を感じていてアプリも見やすかったなぁっていう人は

右手にfitbit

左手にApple Watch4

が、いいのかもしれませんね(よくない

 

あわせて読みたい

1件の返信

  1. むっとん より:

    まさに探してた方法です、ありがとうございます。

    オチ笑いましたw
    なかなか難しそうですね……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です