【レビュー】Apple Watch4 Hermes

ええ、絶対に買うことはないだろうと思っていたApple Watch、それもHermesです。

Apple Watchが出た当初にまず、四角が嫌い!時計は丸じゃないと嫌!

そして、Hermes高っ!2年とかで買い換える電子機器にブランドとか、わけわからない、、セレブの買い物か!!

買うやつはセレブかアホやな!と思っていたApple Watch Hermesエディションです。

 

え、知らなかったんです?僕はアホですよ。

 

ということで、何も気にしてもいなかったApple Watchですが、2が出た!とか言われても、一応記事は目を通していましたけどもやはり全然気にならず。

3になった!って言われても、へぇ。まだ四角いのか、そろそろ方向転換して丸いモデルを出してよ程度でした。

なんとなく手元でSuicaが使えたりQrioとかのアプリが手元で使えるのは便利かなぁっていう感じだけはしていましたが、やはり四角い時計が苦手で敬遠してました。

 

ですが、スマートウォッチは気になっていて、心拍数とかSpo2とかが測定出来るのはいいなぁと思っていましたが、Spo2が測定できるスマートウォッチは中華製ばかりでちょっと信頼性に大いに欠けるものばかり。

心拍数を測定したいということと、睡眠トラッカーでどんくらい寝てるのか、いくら寝ても寝たりないこの体質はもしかしたら夜中に浅い眠りしかできていないことが原因じゃないかということで、Fitbitのcharge HRを買って付けていました。

そのままcharge HR2も付けてまして、時間も確認できるし心拍数が見れましたが、文字盤がちゃちくて時間を確認するのはもっぱらスマホになっていましたね。

Fitbitは付けてモニタリングして貰っていればいいやっていう感じで、たまにはかはかいっているときに、心拍数をチェックする程度。

FitbitはLINEとかからの通知も来ないのでスマートウォッチとしての通知の役割はあまり果たせていなかった気がします、messageとか電話はあまり使っていないということが分かりました。

そーいえば、通話も最近LINEだ。

そんなわけで、他のもう少しスマートウォッチしているスマートウォッチが欲しいなぁっていうのは以前から思っていたのですが、これといって決定的なものもない。

MOTO360がでた当時はちょっと欲しかったですが、どうもあと一歩がないし、新しいのもなんかでてない感じ。

 

と思っていたら、

Apple Watch4がでて画面が大きくなったと、ほほぅ。

四角いやん。丸にしろよ丸に!

Apple Watchはベルトが簡単に交換できてサードベンダーのは安くて沢山でてると、ほほぅ。

Apple Watch4は心電図が測定できるらしい、あ、日本は駄目?、、いや、そのうち近いうちには(期待、ここで3割買う気に)

Apple Watch4はサクサクぬるぬる動くらしい、へぇ。

という感じで情報を小出しに色々な雑誌やブログで見かける日々が続いていました。

なので、発売日に欲しいぜ!なんていうことには全くならず。

 

でも、なんか気になる。

どうしてApple純正の文字盤って丸ばっかりなんだろう。

気になって見ていくうちに、文字盤が四角いのに丸いデザインのものしかないから嫌なのか?って思えてきました。

 

ふと目に入ったのが

この文字盤です。。。

四角い文字盤があるんじゃん!

文字も好みだし、こいつだ!って思ったら、Hermesなわけですよ。

Hermes…Hermesなんてララァかキノが乗ってるものくらいしか知らないッスよ。

金額は。。。はわわわわ。。。。できることって他のApple Watchと変わらないんですよね?!

 

専用文字盤が用意されていて、そのモデルでしか使えない文字盤があると。

いやいや、でも電子データでしょ。簡単に使えるようにされてたりするんじゃないの、と思って調べてみたけど、どうもそう簡単ではない様子で、それも完璧ではない感じ。

 

そこからはApple Watch4が欲しい理由を考えていく日々。

もう、ほとんど文字盤だけで欲しくなってる。

っていうか、これって実質革バンドの価格ですよね。。。その中でも革バンドによって2万円くらい価格差があると。

 

Hermesはひとまず置いておいて、さて、Apple Watch4は何ができるんでしょうか。。。

・心拍モニター

・睡眠トラッカー

・LINEなどのiPhoneに通知が来ているものの通知

・電話

・計算機

・shazam(空間で鳴っている音楽がなんであるか分かる)

・Qrio Lock・sesameの開閉

・メールの通知が見える

・よく使う項目の1Passwordの項目が見ることが出来る。

・Siriにタイマーを付けて貰ったりが簡単にできる。

・日の出、日の入りが簡単に分かる

・月齢も分かる

・天気が見やすい(はず)

・アクティブになれる筈、、、予感、、、買ってからずっと運動していないってApple Watchからいわれてるけど。

そして!

・Hermesの文字盤!!!(Hermesモデル)

 

と、自分が買うためにつけた理由付けとなります。。。

Hermesモデルは、

・ステンレス

・セルラーモデル

・シルバー(鏡面)

の一択となります。

 

で、ポチろうと思ってみたときに一番お安い

「Apple Watch Hermèsステンレススチールケースとヴォー・バレニア(フォーヴ)シンプルトゥールレザーストラップ」

のモデルは、現在とお取り扱いできませんとなっていまして

 

バンドが二巻きになるモデルは40mmのタイプしかなくて、そしてどうも男性には少しきつめらしい。

といっても、買ってから思ったんですが自分、バンド一番きついところじゃないとゆるゆる。。。

 

とはいえ!44mmが欲しかったのでいいのです。

実際来てからみたら、あれ?これちっこい方じゃないよね?っておもっちゃいましたもん。

で、ぽちっっっったのは

「Apple Watch Hermèsステンレススチールケースとヴォー・バレニア(フォーヴ)シンプルトゥールディプロイアントバックルレザーストラップ」

ながいよ、名前が。

ワンタッチのバックルが付いたモデル。

 

理由は

・ワンタッチのバックルが付いていると何度も付け外ししても革が痛みづらい。

・ワンタッチのバックルは他のHermesの時計でも使われているものと同じ。

・革がボロボロになってもバックルだけは使い回しできるんじゃない?(不確定)

・手洗いや水物を使ったりするときなどにバックルがあると簡単に外せる。

Hermesって付いているだけで……ついているだけなのに……ははぁ(頭が高い)

 

ぽちって、、、あれ?到着が3月?

っていうことで、約3ヶ月強待ちでしたが、先日送ったよーって上海から送られてくるんですね。

革の生産量が増えたんでしょうか、それとニイハオ製で大量購入できたんでしょうか。。。。

 

実物は近くに置いているところがなかったので見ることがかないませんでしたし、ネットでもあまりなかったので、ほぼ初見。

 

おおおおお

オレンジと黒、かっけぇ。

Hermes |   Watch

の順番の方がうれしいなぁ(え

|をパイプって呼んだ人、挙手。

 

うひょぉぉぉぉ

実際こんな言葉しかでてないからね。

中身は横にスライド、初めどうやってだすのか分からなかったのは内緒。

おおおお

肌触りがいい。

これ、これ他に使用用途がないのが勿体ない。

革がやwわwらwかwいw

どうしてかって?

それは、ぽちったときにAmazonでセールとかやっていたので、思わずいくつも交換ベルトをかってしまったから。。。

充電機は他のと同じ色なんですね(そりゃそうか)

付いているのは、サードパーティのベルトです(お出かけの時しかHermesのベルトはつけませんよ、、貧乏人ですから)。

本体の裏側にもHermesって書いてある。

 

文字盤はこんな感じがHermes専用に用意されています。

文字盤の

Hermes

Paris

の○ってなんだ?って思っていたのですがどうも月齢のようす。

月齢は標準装備で、日付のところは

・オフ

・ストップウォッチ

・世界時計

・日付

と4種類のうちの一つだけしか表示できない仕様の様子。

 

いいんです、これだけで。

だって、見た目は時計で使う予定ですから。

そこに通知とかが来たり、他のことをしているときには文字盤を切替て使う予定です。

使うまで知らなかったのですが、文字盤はいくつも用意しておいて横スワイプで切替が簡単にできるので、ランニングするときはこれとか、っていう感じで切り替えられます。

ぼくは、Hermesの文字盤を2種類くらいを切り替えて使ってるだけですが。。。

 

文字盤にQrioとかsesameとかを置いておいて、そこをクリックするとアプリが起動してくるという使い方も便利なんですけどね。

ただ、冬場は上着とか結構着ているのでApple Watchにアクセスするのとスマホをポケットから取り出すので、どちらも微妙に変わらなかったりします。

あとは、各文字盤にHermesのカラーが用意されてるんですが、これもHermesエディションだけなのでしょうか。

このHermesカラーと

オレンジ、、、ものすごっっっっく微妙に変わりますが、どちらがどちら?っておかれても絶対分からない。

 

Apple Watch4のファーストレビュー的に

【良かった点】

・文字盤は、普通の時計と同じくらいに文字盤の面が広がったのであまり違和感ないですね。

・Hermes使ってる気になる。

・オレンジが好きな人間はにやける。

・通知が手元で見られるのは結構便利。

・見たいと思える文字盤だと時計の時間も確認する(Fitbitは見たいとあまり思えなくなっていた為)

【微妙な点】

・電池の消耗が半端なくてもいいから、今このイベント中はずっとついていてほしいって思うときがある(自慢のため?!)けど、その設定はない。

・iPhoneよりもApple Watchに優先的に通知がくるようになり、基本的にどちらかにしかこない。

両方にくる設定とか、Apple Watchで通知をオフにしたらiPhoneに通知がくるように戻るとかしてほしい。

・LINEのApple Watchのアプリが微妙すぎる。返信が行かないときがある、通知がこないときがあるなど、、、これって4だよね。。。

・心拍モニターと睡眠トラッカーのアプリのできが良くない。

ぼーっと椅子に座ってスマホで小説を読んでいたりすると、寝てることにされたりする。

Fitbitのアプリでも見れるようにしてくれるととっても助かるんだけどなぁ。

Fitbitのデータをヘルスケアに飛ばすアプリがるけど、もしかして逆にできるアプリももしかして。。。。!?

・毎晩お風呂に入るときに、充電をしないとだめ。

・口元に持ってくると動くという噂のSiriですが、1度くらいしか反応してない。

・Hey Siriって声かけてタイマーとかやるも、たまぁにそのまま固まることがある。

・iPhoneでもたまにあるけど、アプリクラッシュでAppleマークでて再起動とかある。

・本当に4番目のこなのか?マイクロソフトなら3個目ではまともになってるぞ。

 

でも、総じて満足。

どうしてかっていうと、エルメスの文字盤がかっこいいから。

 

いくつかベルトも買ってみてお勧めもあるので、近いうちに紹介をします。

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です