【レビュー1】α7IIからα7IIIに乗換え

α7→α7II→α7IIIと順調にiの数が増えている管理人です。

ほかのアイは減ってるとかのツッコミはいりません、

最初からないとか、ええと。あぁぁ。

 

実際問題、別にα7IIがどうしても我慢できなくってIIIに!っていう感じじゃなくて、どちらかというと、IIIが良すぎたという感じ。

 

α7IIのレビューは下記にあります。

【レビュー】α7IIを結構使ってみてのレビュー

 

α7IIで、結局なにが不満だったのかというのは、前回書いた通りで、SDカードがなくてもシャッターが切れるとか、SDカードが1枚しか入らないとか、バッテリーとか重心がーとかありました。

実際、やっぱり使っていて気になる箇所としては

1.SDカードがなくてもシャッター切れる、、ほんとやめて。管理人がぼけぼけなのでたまにある。

2.バッテリーの持ちが微妙。3個くらい持ち歩いていました。

3.どこに何のボタンを割り振ったんだか忘れる。C2とか書いてあっても忘れるんよ。

メニューがどこかにあれ、あの設定項目があったはず、あれ、、、どこだっけ!!ってのが多い。

他には細かいところが気になるとかはありますが………

 

α7IIで撮れる画像は全く不満がなかったです。

それくらいセンサーが好みに近いというか、大きさも含めて使おうって気になるんですよね。

 

それでもIIIになって、バッテリーも大きい容量になって、SDカードが2枚入るようになって、なんとSDカードがないとシャッター切れない設定もある!!

 

うあー!欲しいなぁ。

 

っては、ならなかったんですよ。

高いっていうのもありましたが、そこまで大きくは変わってない感じだったんです。

記事とかからは。

撮れてる画像に不満がなかったというのもありますし、レンズが欲しいなぁとか、次はSがいいなぁとか思ったのもあります。

僕個人では、Rはお金を取る撮影じゃない限り必要ないと思う。

 

なので、発売されてからは特にカメラ屋さんとかを見たりもしていなかったのですが、出張先のビックカメラで何気なく触ったら

なんだこいつ、オーラが違う!

 

(おまえが触ってるのはカメラだ、超人とかじゃない)

 

まちがってα9触った?って思ったくらい、なんか質感とかが違う感じに感じましたけど、落ち着いて各部をチェックしてみると、

おまえ、少しふくよかになった?

だから、握った感じしっくりきたのか。

右手の親指も違和感なく、ボタンの横に。。。ん?「AF ON」ボタンキター!

まぁ、縦方向の大きさはほとんど変わっていないので、小指が落ちつかない雰囲気は同じようにありますが。

この辺はボディカバーを付けると改善するのはα7から知っていますし、カバーを付けて丁度いいくらいになるので逆に歓迎なのですが。

さて、レビューとは書きましたが、まだほとんど使っていないのもあるので、とりあえずは第一印象と写真っていう感じで。

α7iiから移行するかどうか迷っている人の一助になれば。

 

【第一印象レビュー】

「良くなった所」

筐体が厚くなったことで、握った感じがしっくりきた。

AFがすげぇ、なんだこれ一眼レフか!っていうくらい速く正確になってる。

「AF ON」ボタンが押しやすい位置についた(親指AFが捗る、押したまま歩ける)。

シャッター音がさらに良くなってる

α7はバシャコッ!って感じで左手にまで振動が来ていたけど、α7IIはバシャッ!って感じで大分改善されているけど、それよりもさらに減衰が速くなっている感じ。NikonやCanonのくぐもった音に比べるとまだ響くけど、ミラーがないし仕方がないのかもしれない。

無音シャッター搭載!ピアノ発表会とかでも気にしないで撮れるようになって嬉しい限り。

・さらにレンズの回転方向のガタが減ったような気がする

でも、α7IIでもNikonやCanonと同じくらいだったので、もはや誤差のレベル。

コマ数が上位機種並に、、、思わず連写してしまいます。

SDカード(UHS-IIが一枚だけですが)が2枚入るのはありがたいです。

僕の場合は、とりあえずRAW+JPEGで撮るので、画像をSLOT1へ、動画をSLOT2へと振り分けています。

バッテリーがすごい!これまでと同じようにとっても、バッテリーがまだまだあるっていう感じです。

 

「今一歩なところ」

・メニューが分かりづらいったら

・パノラマ撮影モードがなくなった

・アプリが使えなくなった。

けど、アプリは自分はほとんど使っていなかったのでなくてもまぁいいかな。

・Bluetooth接続が繋がったり切れたりする。

位置情報をスマホとやりとりできるのですが、アプリを起動しておかないといけないとか制約が結構あって面倒。

 

・ちなみに自分で設定可能なダイヤルの1は、HRD撮影用の設定に、2は、動きものを撮る設定にしています。

 

なんとなくですが、そのうちαは中にXperiaというかスマホを入れてきそうな気がします。

スマホをカメラに近づけても大きさとかの制約があるので、カメラにスマホを入れてしまって、SIMカード内蔵できて、Androidで制御することでカメラ用のアプリとSNSのアプリだけ入れれるようにとか。

ユーザー独自にもカメラ制御アプリをオープンソースで作らせたら、SONYユーザーが増えまくる気がしますが、この辺絶対SONYは独自で他には出さなそうな気がします、そして自滅してきた感じ。。。

 

おっと、閑話休題。

 

あとは、ボディの写真でも。

てけとーに撮った物なので、綺麗な写真は他にも沢山ありますでしょうからね。

 

ちなみに、相変わらずGarizのケースを購入しましたので、それは別に書きます。

カメラのとなりについているやつはこれです。

2018年6月追記:下記ピークデザインのアンカーリンクスのV3使用者に改良品の無料送付がメーカーより発表されております。

使用方法により紐が摩耗してしまうことがあるようです。

デジカメWATCH Peak Design、ストラップ用コネクター「アンカーV3」の改良品を無償送付

2018 ANCHOR UPDATE

基本はGarizのガンショットなんたらのような斜めがけにしているのですが、たまに首から提げたいときとかあるのですがこれがあると簡単に取り外しができるのでいいかもしれません、まだちゃんと使ってないねん。

 

小さいことですが、下側に付いているゴム足というか、シールが形状変更されていますね。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です