【レビュー】Snow Peak フィールドバリスタミル

スノーピーク フィールドバリスタミルですね。

レビューっていってますが、外観レビューとなります。まだつかってないん。。。

去年の今頃でしたか、ずっと気になっていたポーレックスのコーヒーミルを買おうと思っていたのですが、スノーピークからも似たような物が出て、金額的に若干ポーレックスよりも高いくらいなので、どうせならってことでこちらを予約。

どうせ、中身はポーレックスとかのOEMだろうと予想しましたが、、、

違う様子(後述)

 

あ、ちなみに類似製品が多すぎますが、Amazonのベストセラーになっているのはこちら

コーヒーが挽ければいいんですよ。その後にどうせならっていうこだわりがでてきたら、好きなメーカーさんとかデザインとかで選ぶのもありです。

あとからも書きますがSnow Peakさんのは買って良かったと思いましたよ、なんといってもハンドルが本体とくっついていて折りたためる!

なくしそうなずぼらなぼくには向いてます。

 

外箱。

うん、外箱。

あまり載ってないしね。

全体像は、Amazonの通り。こんな感じ。

ポーレックスとかと違っていいのは、ハンドルが折りたたみ式なところ。

外れないのでなくさないですし、ゴムなどで一緒にまとめなくてもいいっていうのは大きい改良点でしょうか。

その分、多少重くなっているかもしれませんが、こんな感じ。

Snow Peakが、240g

ポーレックスが、250g…ん?

キャプテンスタッグが、220g

他にも類似品はありますが、この辺のどれかでしょう。

とかいって答えいってる気もしますが。

ここの形状が少し工夫されていて、ここで若干押さえられることでぷらぷらしないと。

ある意味、最後発品の強みですかね。

上の蓋を開けたところ、ここに豆を入れてグリグリするわけです。

で、こちら側から削られたものがでてくると。

こんな感じ

右側のが付属の袋。

入れるとこんな感じ。ペーパーフィルターくらいなら一緒に巻き巻きして入るかも。

というわけで、そろそろOEM元を探してみましょう。

さて、こちらがAmazonから拾ってきた削られるところの調整つまみのところのアップ。

というか、外見の下の蓋がはまるところから、見ても推測されるんですけどね。

こちらが我らがSnow Peak。

こちらが、ポーレックス。

削るといったら、ポーレックスって思ってるくらいには個人的に信用してます。

ミルもここの使ってます、キャンプにもお勧め。

こちらがキャプテンスタッグ。

パール金属さんって聞くとそれなりに好きなメーカーさんですよ。

鹿番長。。。いや、好きですよ?ええ、昔はそれなりにお世話になりました。

 

外見から見ると、ポーレックスのは接続部が少し膨らんでるんですね。

いやでも、きっとそこは改良されてるんだ。。。

こちらが、ポーレックスの調整つまみ(6264円Amazon実勢価格)

こちらがSnow Peak(8186円Amazon実勢価格)

こちらがキャプテンスタッグ、3880円(Amazon実勢価格)

あぁ、一緒だ。これ。

こちらがポーレックスの分解したやつ。

こちらがキャプテンスタッグの分解したやつ。

どちらもセラミック刃ですし…ってレビューとか見てたら、キャプテンスタッグもOEM?!

川崎合成樹製品が元?!

これかー!

あ、これだ、これは黒色。

さらに、木製もある。

これもいいな

ケヤキとのこと。

チト高いけど、Snow Peakで悩める御仁なら、いける。

っていうか、類似製品多過ぎ!!

 

闇が濃そうって思ってジャパンポーレックスさんのホームページ見に行ったら

こんな一文が。

へぇ、大手さんねぇ。

こちらがポーレックスさん。

ふーん。

あ、こちらが川崎合成樹脂製。

ですが、他意はないですよ。似たような製品はキャプテンスタッグからもでてますね。

 

どちらも日本製、ポーレックスさんは鹿児島県霧島市、川崎合成樹脂は新潟県三条市。

Snow Peakは新潟なので、川崎合成樹脂さんを使ったんでしょうね。

って考えると、どちらも良いメーカーさんなのではないでしょうか、これまで通りスパイスミルはポーレックスを使っていこうと思います。

ポーレックスのスパイスミルはブラックペッパー用に長いこと使っていたのですが全く壊れる気配がないので、塩用にもう一つ買い足しました。

ごま用もあるのか、、、これも買うかな。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です