【乗換えレビュー】MAZDA CX-5 KF型

2013年6月に納車(登録は4月)されたCX-5ですが結局13万キロを走っていたのですがこのたび乗換えにしました。

4月に契約して7月納車されまして、これまでに7000kmちょっとを走ったので、付けたパーツやレビューも含めて書いていきます。

画像は、MAZDAのHPから拝借。。。かっこいい写真が沢山あるのでお勧めです。

 

本当は壊れるまで乗ろうと思っていたんですけども、点検か何かのついでに新型の試乗をしたのが買い換えを決意させたきっかけでした。

【試乗時レビュー】

ちなみに、試乗するまではほとんど外見が変わってなかった気がしたので新型についての情報はほぼいれていませんでした。

だって、壊れるまで乗るつもりでしたから。

乗った感じは、とても今まで乗っているCX-5に近いように感じましたが、シートの感触やハンドルが柔らかい!(うちのは固かった)内装が立派になってる!

ドアを閉めると、明らかに今までのよりも静か。

そして、HUD!!(本心ではこれだけでも買い換えたいと思った)

※注釈きちんとホルダー使用しての撮影してます。

表通りに出ようとハンドルを切って出た瞬間から、全然違う車になってる。

っていう感覚がありました。

足回りがとても良くなっていることが即座に分かるくらいに変わっていました(いや、確かに13万キロくらい走ってたけどね?、一応10万キロくらいにサスも純正ですが交換してましたが)。

エンジンの音は小さくなっていますね、新型のデミオくらいには聞こえなくなっていました。

HUDがいいなぁ、近未来感があるじゃないですか。

エンジンのアクセルの感触は、アクセルが物理的に少し重くなっている感じはするけど、それほど変わってない。

ブレーキは、少し弱い気がするけど、これはまだ慣らしてないからかなぁ。

ハンドリングの感触は低速走行だけど、思った以上に好み。

・HUD

・足回り

・静粛性

・内装

・先進装備(ACC・アダプティブLEDなど)

この5つが大きく変わっただけでも、買い換えてもいいかもしれないと思いました。

だって、渋滞時とか1車線で追い越しができない高速道路とかで前の車についていってくれるっていうのは、非常に欲しい装備でした。

試乗したら欲しくなりました。。。ごめんよ、CX-5(旧型)

 

【エクステリア】

実際フルモデルチェンジしたって聞いて見ないと分からないくらいのエクステリアデザイン変更だとおもうんですけどもね。

確かによくよく見れば、フロントのデザインは変わってますけども、リアとか全体的な視点から見ると、CX-5だなってしか見えない。

実際に走っている車を正面からみると、CX-3とぱっと見区別が付かない。

CX-3は下側にハの字になっているフォグランプが付いているくらい。

そして、斜め後方から見たときの小ささ。

賛否両論があると思いますが、私的にはCX-5はもう少し大きさを見せてもいいんじゃないかなぁと思います。

横から見ると、フロントもでこぼこしてますし、リアも綺麗なラインがでています。

ただ、発表になったCX-8を見ると分かるのですが、サイドのウインドトリムが上下ともにメッキになっているんですよね。

CX-5は下側だけなのに、明らかにこれってCX-8を見越してのデザインだったんだろうなぁと。

 

【実車レビュー】

夏タイヤだけでですが数千キロ走行しました。

良くなったこと

・HUD

・ACC

・アダプティブLEDヘッドランプ

・見た目

・リアシートヒーター

・後部座席の快適性アップ

・足回り

・静粛性

・Gベクタリングコントロール

・レーンキープ

・リア・クロス・トラフィック・アラート

ブレーキキープ

 

微妙・悪いところ

・リアカメラ

・虫がはまりやすい

・ブレーキ性能

・高速燃費

・重さ

・ACC

・レーンキープ時の右によること

・HUDの情報量

・Gベクタリングコントロール

・リアシートヒータースイッチ

 

実際には、もちろん良くなってるんですよ。旧型から比べたらとてもとても良くなっています。

旧型から比較すると、ACC(0kmから115km(実質110kmくらい?)まで対応しているものが付いているだけで、長距離の疲れやストレスが非常に軽減されました。

これ、もう付いていない車に戻りたくないですね。渋滞かぁっていうときでも、ACCにほぼお任せして乗員との会話をしたりすることで、イライラはほぼ0に押さえられます。

夜走ることが多いのですが、アダプティブヘッドライトって面白いですし、楽です。

そもそもが、HIDと比較してもLEDのほうが明るく感じますし、ほぼお任せでハイビームになってさらに前走車や対向車への眩惑を防いでそこだけ暗くしてくれるので、暗い道での走行がとても楽になりました。

住宅街など街路灯があるところで、低速走行時にもハイビームにしてくれるとよいのになとは思いますが。

あとは、細かいところがいろいろと改善されています。

例えば、フロントガラスに熱線が入っていて雪が溜まるところにあるので、これはまだ未体験なのですが期待します。

リアウインドウの下側にモールを追加しないと汚れが溜まる箇所も改善されていましたし、タイヤハウス内のゴミや雪が溜まる箇所も改善されていたりと、言われないと気づかない程度の改善が至る所にあるのもいい感じです。

トヨタとかだと、まったく一緒の感じで出してきたりしますからね。

雪道はまだ未経験なので、ちょっと分かりませんが旧型の4駆がとても良かったので期待しておきましょう。

さて、良くなくなったこともいくつかもちろんあります。

全ては重さから来ている問題だと思うのですが、まずはブレーキ性能。こちらは旧型でもちょっと弱いなぁと感じるようになっていたのですが、新型は逆ベンチレーションになっているとのことで少し期待はしていたのですが、これはきっとジャダーを防ぐことくらいにしか役に立っていないんじゃないでしょうか。

そもそもの容量が足りていないと感じます。重さが増した分だけ、厳しくなっています。

初期制動力とかいうことではなくて、制動力そのものが足りていない雰囲気です。

あとは、サスの前後の動きももう少し味付けを変えると、ブレーキを踏み込んでも挙動変化が少ないのかなぁと思います。

ブレーキの初期制動力も弱いので補おうと多少強く踏み込むと、急ブレーキかけたときのように前のめりになる感覚が強いのです。

もう少し下に沈み込むような挙動をしてくれると、踏み込んでも嫌な感じがしないんですが。

で、それにともなって足回りは良くはなっているのですが振り戻しみたいな挙動が多くなっています。

あとは、高速燃費。

これは、ギア比が低速側に変更されているのも要因だと思うのですが、高速走行中の回転数が同速度域で約1000回転ほど高くなっています。

このせいで高速走行燃費が悪いとはいいませんが、伸びなくなっています。

さらに、重くもなっているので約1km/Lくらいは悪くなっています。

が、CX-8のエンジンがブラッシュアップされていて、多分この辺も改善されてるような気がするので、マイナーチェンジでこのエンジンにかわるのでしょう。

CX-8がでなかったら、ブレーキ性能以外は満足していたかなぁと思います。

ただ、CX-8の例えばエンジンやブレーキ性能(容量アップ)や、フロント中央のエアコン吹き出し口がオフにできるようになってるなど、色々とかゆいところに手が届いているのを見ると、それできるんだったらやっとけよ!って思いますが。。。

箇条書きで書いたところがなにがどうなのかについて書いていきます。

【良くなったこと】

HUD:これは合った方が楽しい。デミオやCX-3のような反射板がでてくるタイプではなくてガラス投影型になったのでカラーですし、ナビの情報も表示されます。また、一時停止マークとかも表示されるのも助かります。

他のメーカーにはあまり聞かない、ブラインドスポットモニタリング(走行時に左右の死角に車などがいるときのモニタ)の情報も表示されるのはいいですね(見慣れてくるとあまり頭に入らなくなるんですが)

ACC:これは先にも挙げたとおり、渋滞時や1車線での低速走行車がいる際のストレス軽減や安全性の向上に役立っています。

アダプティブLEDヘッドライト:これも先に挙げた通り、夜間走行が明るいことで疲れが低減されます、明るいことはいいことだ。

見た目:フロントとサイドからの見た目。さらにクリスタルソウルレッドでしたっけ?の色が前のと比較してもさらに良くなっています。陰影がでるのがとても綺麗ですね。隣りにフェラーリレッドが止まっても色だけだったら明らかにうちの方が綺麗だなって思えます。

リアシートヒーター:アテンザにだけ付いててずるいなぁって思ったので。微妙な方にも書きますが、このスイッチの場所すぐに押されてしまうところについているので、ちょっと。

後部座席の快適性アップ:角度が付けられるようになったことと、足下がやっとそれなりに広くなったので前のと比較するとまだいい感じ。

足回り:サスの動きが細かいいらない振動が少なくなりましたね。ちょっとロールが増えた感じはしますが、これは重さのせいかもしれません。

静粛性:前はそれなりにうるさかったんだなぁと乗換えてから分かりました。人を乗せても言われるくらい、静かになりました。室内ににある荷物やどこかでのびびり音が気になるくらいには静かです。

とはいってもどんなに静かだっていう車に乗っても、ある程度までだと思うんですけどね。タイヤの音とかは普通に聞こえてくるので、車って動いているからそんなもんだろう?って思っているのでそこまで重要視はしていないです。

Gベクタリングコントロール:同乗者、特に助手席に乗っている人にとってはとても有用な装備だと思います。ある程度のカーブにはいるとちょっとエンジンブレーキ掛けてくれて挙動を安定させてくれる感じです。

運転がそこまで得意じゃないっていう人にもいい装備だと思います。

これ、オンオフさせてくれるともっといいんだけど。

レーンキープ:白線をはみ出したたりする前に警告したりハンドルを動かしてレーンキープのお手伝いをしてくれる機能です。

決してハンドルを動かして自動で走ってくれる機能じゃありません。

私は早くて強くに設定しています、こうすると高速道路走行中などはハンドルを維持しているのがちょっとだけ楽になります。

が、下記に書きますが走行車線などによっては、右に寄っていこうとするのでそれを押さえるのも面倒にも感じます。

これからの制御に期待ですね。

リア・クロス・トラフィック・アラート:バック時に人や自転車、バイク、車などが近づいてきたりすると、警告してくれます。

これで助けられたというか気づかされたことがありましたので、有用ですね。

ただ、モニターには左右どちらにもびっくりマーク表示が出るので、どちらから?っていうのは、実際にみないと分かりません。

できたら左右どちらに反応があるよっても教えてくれると見つけやすいんですが。

ブレーキキープ:停止時にブレーキを踏みっぱなしにしてくれるやつです。足の疲れが軽減されます。

 

【微妙・悪いところ】

リアカメラ:以前はサイバーナビについていたカメラでしたがそれと比較すると画質が悪いですね。

虫がはまりやすい:フロントの形状が影響しています、隙間が多いので至る所に虫がはまり込みます。高圧洗浄すれば取れるとは思いますが。

ブレーキ性能:容量がそのままで重くなったせいで、制動力に不安があります。下り坂でちょっと流れが速いときなどに前方の信号が変わって止まるときとか、思った以上に踏み込まないと駄目です。これは要改善です。ちょっと、マツダアホか?って思うくらいです。

高速燃費:ギア比が変わって低速よりになったのもあって高速走行時の燃費が伸びなくなりました。前は80kmから100kmの首都高とか関東近郊とかのアップダウンがあまりないところを走ると20km/Lとかを超えたりしていましたが、超えなくなりました。

重さ:やっぱり重さは敵ですね。重さを感じさせるようなパッケージなのかもしれませんが、スカイアクティブ2に期待でしょうか。

ACCの立ち上がりの遅さ:これはソフトの問題だと思うので改善していただきたいですが、どういうことかというと渋滞などで0kmで停止したとして、前の車が進んでいったときにアクセルやリセットスイッチで走り出すのですが、前の車に置いてけぼりにされるくらいに加速が悪いのです。というか、置いてけぼりにされます。

さらに悪いのがある程度速度が乗ってくると加速度が変わって速くなります。

その結果、前から離れきったところくらいで加速しはじめますが、その頃には前の車はブレーキングを始めているのです。

前の車が減速しているのに、こちらは加速していく、、、この辺で普通の人ならブレーキかけてACCを解除したくなるでしょうが、がまんしたり気づかなかったりすると、前の車のブレーキングにもよりますが大体のところで、前走車が急ブレーキを掛けたと認識するようでSCBSの「ブレーキ」というでっかい文字がHUDに表示されてアラートがなってぎゅぅ!っとブレーキを踏まれます。

おいおい、おまえはなにを見てんねんと。。。

この辺の制御は、まだまだだなぁって感じます。動いているときにはそれほどおかしい制御はしないんですけどもね。

ブレーキを制御しているときには、足下からリレースイッチのようなカチッカチッという音が聞こえてくるのですが、少し踏みすぎじゃないかっては思うときもありますが。

というか、リレースイッチ使ってんのかよっても少しだけ思います。

ACCは、スバルのアイサイトが10とすると、ベンツのEクラス、BMWの5シリーズあたりが同率くらいで、8~10くらいには収まるのではないかと思いますが、そこら辺と比較すると4~6程度な感じです。

もう少し頑張って欲しいですね。

レーンキープが右によること:画像のような片側1車線の高速道路などで設定を早い、強くにしていると、どんどん右に寄ろうとします。

通常の二車線路などでも人の感覚でセンターっていうところより、右に寄っていきます。

HUDの情報量:BMWのように曲の選択画面などもこちらに表示してくれるともっと視線の移動がすくなくなるのですが。

・Gベクタリングコントロール:オフにできるスイッチがほしい。確かに同乗者が乗っていると乗り心地が良くなるのですが、例えばACCで定速走行中にある程度のカーブにそのまま進入すると自動で1kmから10km程度車速が落ちます。

自分で好きなように走っているときにも、同様に速度を落とされます。いやいや、なに減速してんだよっていう感じになるときもあるので、その時には変なところからアクセルを踏み込まないといけません。

そうなってくると、違和感を多く感じてしまいちょっと疲れるなぁってなりますよね。

たぶん、今後もロードスターなどには付かない装備じゃないでしょうか。

リアシートヒータースイッチ:スイッチが肘掛けのところに内蔵されているのですが丁度当たる箇所にあるために、知らず知らずのうちにON/OFFになっているんですよね。カバーをつけるなり、違う場所に移動するなりを望まれます。

 

あとは、別ですがリアのエクステリアはあまり良くないなぁと個人的に思うのできっと、マイナーチェンジで変更されるかと思います。

特に色によっては、のっぺらぼうみたいな感じになります。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です