【レビュー】ELECOM トラックボールマウスはエクスプローラーの代わりになるか

IMG_7065

ただただ、ずばりこれだけ、トラックボールエクスプローラーの代わりになるのか

本当Microsoftさん、お願いしますからトラックボールエクスプローラーを再販してください。

15000円までなら出しますから、保管用として2個買うから…いや15000円だと2個は買えないから、もう少しお安く…。

ずーっと長いことMicrosoftのトラックボールエクスプローラーを使っていますが、これを上回る使い心地のトラックボールマウスはないです。

神機です。

個人的に、キーボードとマウスはMicrosoftの製品が結構気に入って使っていますが、その中でもこのトラックボールエクスプローラーはいいです。

壊れるのが怖くてサブPCに回してるくらい気に入ってます(あべこべ)。

毎回、っていうほどではないですが、トラックボールマウスがでるごとに、エクスプローラーを超える使い心地!を得られるのか!?的な記事とかがでますが、今回ELECOMからでたやつはちょっと気になっていました。

ワイヤレスタイプのM-DT2DRBKと、有線タイプのM-DT2URBK。

個人的には、有線でもいっこうにかまわないのですが、Amazonのスプリングセールでワイヤレスタイプだけが少しだけ安くなっていたので、思い切ってお買い上げ。

 

これまでは、エクスプローラーに近いとかいうレビューがあったのもあって

ロジクールのWireless Trackball M570tを使っていました。

こちらのレビューとしては、うん普通のトラックボールマウス。

ひとさし指での操作感がいいのに、なぜ親指でエクスプローラーと張り合おうと思ったのか(メーカーはそんなこと思ってないと、思う…)。

親指がいい人は使ってみてもいいかもだけど、それなら

こちらの方がいいかもしれない。

 

なんだか、ELECOMのM-DT2DRBKのレビューじゃなくなってきつつあるので、きちんとレビューしてみます。

レビュー

実食!みたいな感じだ、よく分からないけど。

買ってからメインPCで、ずっと使ってきたので慣れても来た頃なのでレビュー。

IMG_7061

箱。

これ、Amazonだけかもしれないからよく分からないけど、ザ・シンプル。

いや、シンプルすぎる。kickstarterで買った品物でさえもっときちんとした箱に入ってくる。

バルク品……よりはましか。

調べたところM-DT1DRBKというのとM-DT2DRBKというのがあって、1の方は通常梱包で、2の方が簡易梱包品ということのようでした。

梱包だけが違うだけで、中身は一緒とのこと。

箱を眺めるのが好きとか、売るときにはきちんとした箱があったほうが売れやすそうっていう方は、M-DT1DRBKを選択すると良いかと思います。どちらでも、お好きな方をチョイス。

IMG_7062

ロジクールのM570tと比較。

大きさはあまり変化なし。

IMG_7063

裏、まぁ、こんな感じ。

IMG_7064

ボール外したところ。

エクスプローラーと比較してどうなのかしか本人が興味がないため、このようなことになっております。すみません。

IMG_7065

エクスプローラーと比較すると、大きさは小さめですね。

手首にかかる負担を軽減することを考え、また手の大きい外国人なども考慮すると大きい方がいいのかもしれませんが、机の上をそれだけ占拠されるということでもあり一長一短…と、考えるかもしれません。

しかしながら、このマウスはトラックボールです。普通のマウスに比較しても机上の稼働面積は非常に少なくて済むわけです。

基本的に、マウスが置ければそれで十分なわけです。

多少大きくても邪魔にはならないわけです。トラックボールマウスを持ち運び?するな。

 

…と思ったけど、ある程度の大きさなら膝の上とか不安定なところでも操作ができるから持ち運びも有りかもしれない。

IMG_7067

大きさは、右からエクスプローラー、M570t、M-DT2DRBKと小さくなっていきます。

ノギスで計ればよかったか?いや、そこまで測定したところで、誰が必要とするデータなのか。。。そんなデータ欲しい人いたら、計りますのでコメントください。

IMG_7066

さて、今回のザ・オルタネイティブにふさわしいか否かを決める大きな差異といっても過言ではないトラックボールの大きさです。

個人的に考えるトラックボールマウスの操作性は、ほぼボールにあると思うのです。

もちろん、手をマウスにかぶせたときに吸い込まれるように、ボタンとボールの上に指が自然なポジションで収まることも大事です。

大事ですが、指を動かしたときにほんの少しの動作でマウスが思った位置に動くこと、そして動きすぎないこと。

このような動作をするときに、自然とすっと軽すぎず、重すぎず、指でちょくせつマウスポインタを操っているかのような錯覚を起こさせる、そんなボールであって欲しいわけです。

熱すぎるようですが、長時間の作業をすればするほどほんの少しの差異が疲れとなって積み重なるわけです。

深夜のネット徘徊で、あれげな画像を探すときとか(全然崇高な理由じゃない。

エクスプローラーのトラックボールですが、こいつも完璧というわけではありません。

汚れが溜まってくるととたんに重くなったり、ポインタが飛んだりします。ほんの少しの重みの違いで違和感を感じるくらい繊細ともいいます。

言いたいことは、ここまで読んでくれたあなたには分かってくれることと思います、読み飛ばしてもここまで無駄な文章の量があれば分かってくれると思います。

 

エクスプローラーの代わりにはならない。

 

が!おしいところまでは来ているのは確かです。

ELECOMさんは、世の中にほとんどいないんじゃないかと思われるトラックボールマウス愛好家に救いの一手をさしのべてくれたわけです。

これは、非常に好感の持てる挑戦です。

そして、レビューとしては現在売っているトラックボールマウスの中では、1番です。

ロジクールさんのM570tは、お役御免となりました。

ELECOMのM-DT2DRBKは、現状選択できるトラックボールマウスで悩んでいる方で、エクスプローラーを触ったことがないという方にとっては、一択です、これを買っておけばいいです。

これをチョイスすれば間違いはたぶんありません、親指操作のほうがいいっていう方は、ELECOMの親指のほうを選択することをおすすめしますが。

 

惜しいところまで来ていると書いた理由は、ホイールの場所です。

親指のところにあるホイール、エクスプローラーと同じ場所にあるのは非常にいいですね。

そしてボタンが多いのも好感が持てますね。

ゲームなどをする人にとっては便利なんではないでしょうか。

ですが、ボ-ルの左脇にあるボタンは小さすぎて、ちょっと角がとがりすぎていて押しづらいです。

1番多用する戻るボタンは右側のボタンに割り振っています。

 

次期モデルで臨むことは

・ ボールを大きく

・ ボタンをもう少し丸みを帯びた形状に

・ 全体の形状を手首側に浅く大きくして、色々な手の形状に合わせることができるといいなぁ。

指の長さや手の大きさによっては、ボールの位置がもっと手前や奥側にあったほうがいいって感じると思います。

 

うちのは異音とかしないので、異音とかは故障だと思うのでメーカーに連絡してください。

 

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. mon より:

    kickstarterで始めるしか無いな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です