【レビュー】CTEK(シーテック)Multi US4.3

CTEK(シーテック)Multi US4.3 っていうバッテリーチャージャーを買ってBMW R1200GSA(2015)に取り付けたレビュー

IMG_2686

これは、モバイルジャンプスターターのレビューのときに上がってしまったバイクの補充電用として購入しました。

やはりバッテリーに対してはあった方がいろいろと良いだろうということで、購入。

オプティメートは前から使っていたのですが、どうもCTEKのほうがいいっていう噂があったので、今回はこちらをチョイス。

本当は、別な方のバッテリーをリチウムに替えてしまいたいなぁって思っていたので、それ用のチャージャー(オプティメート)を回そうかとも思っていたのですが、両方合わせるとちょっと予算が厳しい。

ということで、CTECを別途購入することに。

IMG_2688

IMG_2689

並行輸入品なので、英語のみの表記ですね。

ただ、差すだけに近いので問題ないです。

IMG_2690

 

初めからついてくるものは、

1.本体

2.本体の入れ物(ナイロンの袋)

3.バッテリー接続用ワニ口ケーブル

4.バッテリー常時接続用端子付きケーブル

5.説明書

となります。

IMG_2687

さて、中身が揃っていることを確認しましたら、バイクのバッテリー端子に常時接続要のケーブルを取り付けます。

 

バッテリーを引き出しましたら、-端子からつけて、+端子を付けていきます。

 

IMG_2691

+端子にいろいろとついています(USB取り出しケーブルとかついてる)が、巧いこと配線してちゃちゃっと付けます。

IMG_2692

CTECのケーブルにはちょっと大きめのヒューズボックスがついているので、こちらをなんとか収納しないといけませんが、丁度バッテリーの端子間に隙間がありましたのでうまいことここの隙間に這わせます。

IMG_2695

シートの隙間から端子部分を出してやって、使わないときには奥に押し込みたいので、蓋が繋がっているところにタイラップでフレームと接続しておきました。

これで、奥まで押し込んでもすぐに取り出せます(シートを外せば簡単にアクセスできるんですけどもね)。

CTECのは端子カバーなどがきちんとしていて、接続もかるいのでこのあたりを含めて、個人的にもCTECの方がいいです。

IMG_2696

 

上の沢山並んでいるところは、バッテリーの現在の状況を見れるところで、下側はバッテリーの種類でしょうか。

(説明書読んでないので微妙ですが)

下側は、バイクにしておきました。

上に並んでいるやつは、次の日みたらもっと右のほうがついていたのできちんと補充電しているようです。

ツーリングから帰ってくると、毎回毎回、左から3つか4つ目までしかついていないので、こういった補充電用のチャージャーはあったほうがいいのかなって

思いました。

 

買ってから早1~2ヶ月以上経過していますが、元気に充電しているようです。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です