【クラウドファウンディングレビュー】BiTool

photo-original

KickstarterでクラウドファウンディングしていたBiToolが、丁度車のパーツ取り外しをしていたときに届いて大変便利に使わせてもらえました。

IMG_3436

こんな袋が届くと、あぁKickstarterのどれかかな?って思います。

IMG_3438

IMG_3439

日本でもそのうち、このまま注意書きに日本語のシールとか貼られてホームセンターとかに並びそうですね。

みつけて、2000円以下くらいなら買っても間違いはないです。

DSC04918-2

こういうツール類ってとても好きで、いくつもあるんですが、PBの携帯用バイクツールセットが結構お気に入りでバイクにいつも乗せて歩いていて、これの六角レンチ部分が丁度5mmのPBレインボーレンチがオレンジなので、付け替えて使っています。

他にもいくつかあるので、Kickstarterで始まったときにもうーんって感じだったのですが、気づいたらポチっていました。

思ったよりも安かったっていうことと、ラチェット状になっている携帯工具ってなかったなということで。

DSC04922

下の蓋をくるくるくるーってると、中に入っているbitがくっついてきます。
底面が磁石になっているので、くっつきます。

DSC04923

いろいろとbit数等に応じたセットがあったのですが、bitはそれこそ沢山あるので最小限のセットにしました。

DSC04925

両側にbitが入るようになっていて、磁石でこちらもくっつきます。

そして、それぞれ緩める方向と閉まる方向になっています。

よく考えられていて、お気に入りが入れ替わりました。

 

レビュー

やっぱりラチェット式は楽です。

縦(普通のドライバーと同じ向き)に使うときには、軸と違うところで回さないといけないので、少し慣れが必要かもしれませんが、ラチェット付きなのでちょっと斜めにして使ったりすると、もしかすると普通のドライバーよりも使いやすいシーンとかが多いかもしれません。

弱い力で縦で締め付けていって、最後は本締めで横にしてラチェットのようにして締め付けるということ(緩めるときはこの逆)ができるので、力が入れやすいです。

磁石が至る所に活用されています。

中に入っているbitの固定であったり、そのbitやスチールのネジとかは、そのままツールの側面や裏側に張り付きます。

っていうことは、スチール製になるんでしょうか。もしかしたら錆びるとかあるのかな、、、アルミっぽい材質なんですけどね。

この辺は長期使用していかないとわかりません。

現状では、ちょっとドライバーが欲しいなっていうときにはこれを持っていくようになったくらいには使い勝手がいいです。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です