充電ステーションを作ろう!

充電するための機器も多いし、欲しいけど1万とかだしてらんないし、、、、でも欲しいなぁみたいな

あれをどうやって作ろうか、、、

ニッセンの充電ステーション みたいなのでも作ろうかと思うけど、なんかちょっと大きいかなぁと。

んーんーと悩むこと数ヶ月w

ふと、、、

なんかに似てる。。。

鉢植え?!

あぁ!鉢植えだ。

ってことで、鉢植えと、蓋状のものを作れば簡単につくれるんじゃない?っていうことで、作ってみました。

予算は1000円未満!

製作時間は、約2時間!

必要物品は、

・植木鉢:テラコッタ製(写真のものは、左398円 右198円)

金額:約500円

お好きな色、形を選択してください。丸状のものは蓋の加工が大変なので、四角のものをおすすめしますw

※重要なのは蓋を置いた下に、充電器やコンセントが入る程度の空間があること。

鉢植えなので、基本的には穴が開いていると思いますが、そこをコンセントがとおるものを選んでください。

プラスチックはなんとか削れると思いますが、テラコッタとかだと大変だと思います。

私も、ひとつのコンセントが入らず他の延長コンセントを探しました。

まぁ、コンセントを分解して、線にしてからであれば大体の穴は通ると思いますけどね。

・床材みたいなの:今回はコルクマットを用意(100円ショップ)

金額:100円

コルク以外にも絨毯っぽいものとかもあるので、お好みで。飽きたりしたら上にフェルトを貼ったり、本革を貼ってバックスキンにしたりも簡単です。

・床材(蓋)の補強剤:写真を貼って飾るための物みたいなものを用意(テープが貼ってあるので便利かなと)

金額:100円×2枚

ここは金網状のものでもいいでしょうし、加工が若干大変かもしれませんがベニヤ板でもいいと思います。

今回のは燃えやすい素材なので火気厳禁とあったので、もう少し燃えにくいものの方が安心だと思いますw

その他

・カッター:写真の物はちょっと高級なオルファのカッターですが、切れ味がいい奴の方がいいです。

・粘土板みたいな下敷き

・定規

・コンパス:円状にするなら。。。

・ゴム足:鉢の下が平らで電源コードが這う隙間がないのなら、そのかさ上げに必要。(100円ショップで買ってくるよろし)

植木鉢以外を100円ショップでそろえれば約800円くらいで作れる計算ですね。

植木鉢も100円ショップでそろえれば、なんと1000円未満ですよ!すばらしい!

※中に入れるUSBチャージャーとか延長コンセントとか、USBケーブルは除外で、ですよ。。。

では、つくっていきましょー

以下は蓋とは、実際に携帯電話などを置く床材のところを指します。

1.蓋の大きさを考える

直径約30cmちょっとくらいある方の大きい方の鉢で作ることにしました。

床材のものがちょうど一回りくらい小さいくらいで収まりそうだったので、一枚を加工することに。

2.補強剤を貼って、コンパスで線を入れます

二本線があるように見えるのは気のせい。。。。補強剤の方が大きいのですが、蓋材の足りない方に円を描いてしまったのでやり直したのでした。

長方形など四角の鉢植えだったら、基本的に直線だけなので楽でしょうね。。。。なんで円にしたんだろ。

3.円を切り出します

半分終了、、インベーダーゲームにでてくる敵みたいな。。。

なんか、必要物品に入っていない道具使ってるじゃないか!

って思われるかもしれませんが、いいえw使ってません。。。というか、使えませんでした。。。

昔、円を切った道具があったはず・・・と、小一時間(実際は2時間くらい)かかって探して、得意満面で使おうと思ったら。。。

直径2cm~15cmの円が切れます。。。。半径15cmなんですが、切りたいやつは。。。。

がんばって、カッターでギコギコしながら切り取っていきます。

最初に補強剤だけを切るつもりで軽く刃を入れて円を描いていき、次に力を入れてしたのコルクのほうまで切るようにしていくと、最初に切ったところに刃が沿うので結構うまくきれます(半分くらいまで切ってから気づいた。。。)

はい、切れました。。。。

なんか、まんぼうのヒレみたいなのが。。。。。。普通に切っていったら最後にどうしたわけかあまりましたw

そこをさくっと切り落として円は終了。

でこぼこに見えるのは気のせい。円です。円です。円です。

4.蓋を鉢植えに沿うように面取りする

そのまま、鉢に載せると、写真のように浮いてしまいます。

ここがまっすぐなので、ここのエッジを切り落として鉢植えのカーブに沿うように、面取りします。煮崩れは関係ないです。

切りづらい。。。努力と根性で、切り落としてください。

円錐状になっている鉢植えや入れ物を使うときには、必要だと思いますが、垂直になっているものなら必要はありませんが、その場合は蓋が落ちないように何らか(両面テープで板を止めるとか)の手段が必要です。

こんな感じにゴミがでます。。。

で、入れると、まぁちょうど良いくらいにはまりました。

このとき、結構すっぽりとはまってしまったので、取り出すのが大変でした。。。

で、上で書いたのですが、コンセントが入らないの図。

違うコンセントは入ったので、そっちに変更。

コンセントと、USBチャージャー(僕様お気に入りの4ポート3Aのものを使用)

5.コードの通り道を作る

コードを通す穴を切ります。

ここら辺は、お好きな長さにお好きなところに。。。

とりあえず私が出張で使っている充電ケーブルを置いてみました。

普通はこれ一本くらいで間に合うんじゃないか、、、って感じです(基本1機器充電ですが)。

6.ゴム足を貼る

ゴム足をはりはり。

ゴム足だと、長期で使っていると溶けたりするときがあるので、ちょっと悩んだのですが、とりあえずということで、うちにあったものをはりはり。

7.完成

完成

とりあえず、コードを通す穴は2本開けました。

コードが隠れていい感じです。

大きさの比較にお父さんですが、余計わからんようなりますねw

ちなみに邪魔っぽい白い沢山コードの方は、私が出張で使用するので取り外しますw

ですが、DSとかPSPとかも充電できるので、あった方が便利かもなぁ。。。

あと、壁際に置くことが多いと思うので、やっぱり丸い鉢よりも長方形の鉢の方が綺麗に収まると思います。。。

なんで、丸いの買ったんだろ。。。

この先の展開的には、充電池(エネループやカメラのリチウム電池)とかも一緒のところでまとめて充電したりしたいなと思っています。

そうすれば、よくあるカメラのリチウム電池を忘れたー!とかも防げそう、、、、ぢゃないですか!?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です