クラウドファウンディング済み POWER POT

大分前にKickstarterにてクラウドファウンディングして送られてきて、つい最近まで放置していたことすら忘れていたPowerPotを使ってみました

DSC02228

私が応募したのは、189ドルのもので、送料込みで209ドル。

それから程なくして届いていたのですが、使わずに仕舞い込んでいました。

先日10wのパワーケーブルが届いたのをきっかけに漁ってみたというわけです。

このケーブルは、2014年5月にkickstarterのメッセージに届いていたものを見逃していて、2015年の1月に返信してみたところきちんと返信がきて、来月には送るよ!っていわれていたものでしたがそれすらも忘れていたという。。。

DSC02230

IMGP0232

IMGP0226

IMGP0228

外見はこんな感じで裏側は平らです。

ケーブル部分は一応保護されていて、最大火力の都市ガスのコンロではなんともありませんでした。

当初は、IHクッキングヒーターでやろうと思ったのですが、残念ながら認識してくれませんでした。

電気があるときにはわざわざこいつを使うような超非効率な発電をする必要性はほぼ皆無だと思いますのでIHが使えなくても全く問題にはならないでしょう。

DSC02232

DSC02233

DSC02234

DSC02235

当初付いてきたのは、このようなUSB端子は一口と先がいくつかの端子に分かれているUSBケーブルでした。

こちらは、5wケーブルが付属しているようでした。

DSC02236

先日届いたものは、こちらでなんでも10wケーブルとのうたい文句です。

USBの電圧が5Vですから2Aのアダプタと同等ということになります。

さて、本当にそれくらい出力されるのでしょうか。

IMGP0207

温度は関係ないような気もしますが、一応20度に合わせてスタートします。

火器は都市ガスコンロという大出力高カロリーな贅沢火器です。

初めは、5w出力タイプのものからスタート。

IMGP0226

IMG_8943

火を付けるとすぐに緑色LEDが点灯しました。

 

IMG_8946

出力は4.95vと問題なくでているようです。

チェッカーには、ルートアールのUSB簡易電圧・電流チェッカーを使用しました。

IMG_8954

IMG_8953

火力は強です。

この状態で、電池残量77%のiPhone6を純正ケーブルを使用して接続してみると、0.55A流れました。

若干ふらつきはありますが、0.50~0.56A程度が流れるようです。

これからみると、2.5w程度の出力しか得られていない計算になります。

火力を落としてみます。

IMG_8951

IMG_8950

一気に弱まで持っていきます、0.35Aを差していますが程なくして0.2A程度まで落ちてしまいiPhoneが充電されなくなりました。

また、この後火力を真ん中くらいにしたのですが、どうも安定しません。

 

10wケーブルを試すために、交換してみました。

IMGP0213

 

抜いて10秒以上放置したあとですが、ここの場所を触ったところ明らかに熱いので非接触温度計で測定してみると少し放置した後にもかかわらず57.6度。

たぶん最後のほうで安定しなくなったのはこれが原因ではないかと考えます。

 

さて、10wケーブルではどうなるのか、この子は使い勝手が悪い製品だったのか、残念クラウドファウンディングだったのかどうなのか。。。

接続して、火力は真ん中くらいお湯はすでに先ほどから沸騰しまくっています。

IMGP0210

 

IMGP0218

5Vは出ているようですが、LEDの表示が赤色表示になっています。

IMGP0219

iPhoneを接続してみると、きちんと青色LEDが点灯しました。

とても、安定して0.65A付近(0.58A~0.70A)を出力しているようです。

負荷を掛けないときちんと出力されないのでしょう。

IMGP0214

とりあえず、iPadを接続してみることにします。

IMGP0220

 

iPadでも安定して0.65A以上は出力されています。

一応はiPadも充電マークがついているようですので、なんとか充電されているのでしょう。

IMGP0222

iPhoneも一緒につないでみます。

あ、iPhoneは充電されませんでした。

火力を上げてもそれほど変化はありませんでした。

んー、残念ですが仕方ないですね。

iPhone2個とかなら充電できたのかもしれません。

 

 

IMGP0224

とりあえずiPadだけを繋いで、最大出力を見るために火力を最強にしてみます。

おお!一応青色LEDのレベルは最大になりました。

出力は、0.94Aということで5w程度は出力されているようです。

IMGP0229

一応、こちらも温度測定してみると28.8度と手で持っても熱さはまったく感じませんね。

 

その後沸騰状態のままで火力中にて、iPhone6を77%から充電してみましたが短時間で79%まで充電できましたので出力自体は結構きちんと出ているようです。

都市ガスでの火力中なのでアウトドアでのブタンガスでは火力は最大に近いくらいではあると思いますが、それなりには使えるのではないでしょうか。

ガスの方がもったいないので、やるならたき火とかが1番いいと思います。

 

今は日本で、MSRの日本の代理店として有名なモチヅキさんが扱っているようです。

株式会社モチヅキ Power Pot

 

Amazonでも扱っているようです。

パワーポットV 16001
・スマートフォンを1~2時間で充電することができます。AC電源から充電するのと同じくらいの時間で充電できます。
・USB携帯端末ならどんな機器でも充電できます。
・5Wの電力で、昼でも夜でも雨でも晴れでも充電することができます。
・どんな熱源でも使用することができます(直火もOK)。
出力:最大5W(DC5V 1.0A USB2.0)
重量:516g(鍋、蓋、コード)
容量:1.4L 寸法:11.5 x 14.0cm(鍋)
11.5×16.8cm(蓋含む)
材質:硬質アルマイト加工アルミニウム
内容:PowerPot の鍋と蓋、5V USB レギュレーター、USB 5 LED ライト、3in1 ケーブル、収納ケース

 

USBのチェッカーとしていくつか買ってみましたが中でもこれはお勧めできます。

見やすいですし、積算機能が付いているのは結構楽しいです。

 

水槽の水温合わせに一瞬で温度がでるので重宝していますが、他にもちょこちょこ役に立ちます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です