防湿庫 ED-120CDBにキャスター取り付け

東洋リビングの防湿庫 ED-120CDBにキャスターを取り付けました

 

IMGP0133

 

東洋リビングからでているワイドタイプ専用キャスターを買おうと思ったのですが、わざわざワイドタイプ専用ってうたっているということは付かないのではないか?と思ったので、とりあえずは本体を見てみることに。

 

今回使用する工具はこちら

IMGP0131

上に写っているゴム足は後述(使いません)。

1. スパナ(キャスターにもよりますが少し薄型をおすすめ)

2. メガネレンチ、少し角度が付いているものが必要かも。

 

使用部品

1. キャスター 4個 : 462円(1個)

2. ナット  ステンレス緩み止めナット 1個 : 110円(2個入り)

合計:1958円

 

その前に、この程度の大きさの防湿庫なら動かそうと思えば動かせるし、キャスターなんて不安定なだけでいらないのでは?

と思われるかと思います。

しかしながら、水槽台作成とかのところでも書きましたが東日本大震災のときに経験したのは地震後、キャスターがついている棚やテレビ台、そして動きやすい棚(滑るやつなど)の上に載っていたものはほとんどが地震の影響を受けていない(物が落ちたりしていない、またはほとんど場所すら変わっていない)ということに着目しました。

棚が置いてある場所は動いていました。

数年前の新潟地震で大被害を受けた某工場では、同じ経験をしたらしく大事な品物を乗せた棚は固定しないでキャスター付の棚で管理するようにしていたということです。今回の震災では、その工場系列の関東にあるところではキャスター付の棚に乗せていた製品などはほとんど落下などの被害がなかったとのことでした。

下手に固定してあった棚のものは、棚は無事でしたが物は大変なことになっていましたことはいうまでもありません。。

さて、そんなわけなのでキャスター信者になった私は、こいつもキャスターをつけたいなぁと考えたわけです。

DSC02264

ひっくり返してみたところ、えーっと。。。

前2本がアジャスター付きで、後ろはゴム足のみ。

っていうところで、一抹の不安がよぎりました。

IMGP0129

ゴム足を抜いてみると、あぁやっぱり、ネジが切ってない。

でも、上側には一応隙間があるので、ナットを入れてやれば固定できるかな。

ネジサイズも不明ですが、やはり純正のワイドタイプ専用キャスターは取り付け不可ということですね。

アジャスターから抜いた足を持ってホームセンターへ。

DSC02260

DSC02261

 

IMG_8766

M10 ピッチ1.5

※ うちのはこれでしたが製品仕様が変更になる恐れがありますのでご自身でご確認ください。

IMG_8768

IMG_8767

 

DSC02263

M10のキャスターがあって良かった。。。ほとんどがM8かM12で凹みそうになりました。

ストッパーで止めたりはしないのに、思わず2個はストッパー付きを買ってしまっていました。

まぁ、金額も同じだったし使わなければいいだけなのでいいのですが。

 

Amazonさん、、、売ってるのかよ。

なんでもあるなぁ、しかも安いし。。。。

 

仕様

・ 材質:ダイカスト・ナイロン
・ サイズ:Φ40mm(ストップなし・あり)
・ 許容荷重:1個あたり約45kg

一応、M10ピッチ1.5でした。

許容加重も、1個約45kgなので約180kg程度でしたら大丈夫ということで十分でしょう。

IMGP0130

 

 

後ろ側の2箇所のネジが切っていないところには、ナットを入れて締め付けて完了です。

流石に、Amazonさんには2個入りのステンレスナットは見つかりませんでしたので、ホームセンターへGO!

 

というわけで、お掃除したいときにもゴロゴロ転がすこともできるようになりました。

押したりしても、腰高感とかで倒れたりはしない感じです。

 

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2015年3月24日

    […] キャスターを取り付けたという記事は別にします。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です