auひかりで他メーカーのルーターを活用する方法

auひかり・ひかり電話付きの契約で、auからレンタルされるルーター以外のルーターも使う方法についてです。

2015/02/26追記:体感速度も上がりました。

Speedtestの結果も追加しておきます。

※どうしても別のルーターの機能が使いたい!っていう方などにしかお勧めしません。現在の設定で問題なく使えているという方は、使えなくなる可能性があります(全部元に戻せばいいだけではありますが)のでご注意ください。

 

・ 前置き

・ やり方

【必要機材】

1. ルーター : (多分どこのメーカー品でもそれなりに設定できるものであれば、いけるんじゃないかなと推測します)

お勧めは、下記二つ。

ASUS 11ac/n/a/b/g 1300+600Mbpsハイパワー無線LANルーター【iPhone6/Android/PSV/3DS対応】 RT-AC68U (100GBクラウドストレージ1年間無料/QoS機能)

ASUS 11ac/n/a/b/g Giga 1734+600Mbpsハイパワー無線LANルーター【iPhone6/Android/PSV/3DS対応】 RT-AC87U (Ai Protectionセキュリティ/100GBクラウドストレージ1年間無料)

でも、NECとかのルーターでもいけると思います。

NEC AtermWG1800HP2 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯) 同時利用タイプ PA-WG1800HP2

 

・ 前置き

bl900hwホームゲートウェイ Aterm BL900HW

auひかりとひかり電話を申し込むと、このようなホームゲートウェイと呼ばれるものが来るかと思います。

ひかり電話を登録しないとauスマートバリューに登録できないといわれてしまったので、仕方なしにこのルーターを使うしか選択肢はないようです。

※2015年1月現在に確認済み

また、このようなお知らせもあるようなのでお使いの方はご注意ください。

NEC BL900HW

意図しない設定が変更される可能性及びその場合の回避方法に関して

 

auひかり契約時には、それまで使っていたNECの買ったばかりのルーターがあったのでそっちと交換すればいいよね、と軽く考えていましたが、実際はこのホームゲートウェイを使わないと接続できないという罠がありました。

どうも、このホームゲートウェイという代物、なにも設定せずにただONU(光回線終端装置)と接続してやるだけで繋がる簡単設定な理由は、この機器のMACアドレスを参照して接続されているようで、他のルーターでは接続できないみたい。

もったいないですが、買ったばかりのNECのルーターは友達に売り飛ばして、仕方なしにBL900HWを使っていましたが、どうも無線LANの飛びが悪い。

これまで問題なく使えていた場所でも電波が弱いらしくまともに通信ができないことが多々あって、ストレスが溜まってきたこととWake on Lanの機能がないということで、宅外から家のPCの電源をつけることができない。

これは、結構やっかいです。人によってはVPNとかももちろん不可でしょう。

 

ストレスが溜まりきった去年の年末に知らず知らずのうちに、ちょっとお高めのASUSのRT-AC68U「ASUS 11ac/n/a/b/g 1300+600Mbpsハイパワー無線LANルーター【iPhone6/Android/PSV/3DS対応】 RT-AC68U (100GBクラウドストレージ1年間無料/QoS機能)」を買ってしまいました。

このルーターは設定箇所が沢山あって、MACアドレスという本来機器固有のアドレスを偽装できるという機能があります。

偽装、いい言葉ですね。

このAC68Uさんの偽装MACアドレスを使って、auから送られてきたホームゲートウェイのMACアドレスを設定してやると、まんまと接続ができるではないですか。

おお!ビバ偽装!

と思ったのもつかの間、次の日の昼過ぎくらいから急に接続ができなくなってしまいました。

調べてみると、どうもひかり電話を契約していると、違う通信を入れているらしくて、それがあるせいで切断されてしまうようです。

やっぱり、偽装は良くないよね。良くない。

仕方なくブリッジ接続として無線LANだけで使っていたのですが、たまに思い出しては機能がいっぱいあるAC68Uのことが頭から離れません。

あーやって、こーやって、、BL900HWのDHCPを切ったら、、、そもそもホームゲートウェイから出られなくなる。。。ボツ。んじゃぁ、あれは。。。などなど。

 

むー、、、DHCPサーバーを混在させる2重ルーターにしてみたらいけるんじゃないかと、とりあえず物は試しに適当に設定してみて動いたらラッキーということでやってみようということで試したところ、試行錯誤でしたが無事動作しました。

当初はただ単に動け!って念じて何も設定しないで2重ルーターにしてみましたがもちろん駄目でした…(そりゃぁな

 

・ 前置きが長くなりましたがやり方です。

auからはきちんとホームゲートウェイさんが見えているので問題ありません、そしてAC68Uまではほぼ素通しでデータがくるのできちんとルーターとしての役割も果たしてくれます。

やったことは、DMZを使ってほぼ素通しでパケットをAC68Uに通してやって、そこからDHCPサーバー二台でIPアドレスの競合がないように設定してやるということ。

何度かルーターのIPアドレスが変わったりするので、都度パソコンのLANケーブルを差し替えて、再起動が必要かもしれません。

概要を図にしてみましたので、参照してみてください。

ip1

 

【 Aterm BL900HW側設定】

・WAN側設定

 DHCP:プロバイダ自動割り当て

・LAN側設定

 192.168.0.1

・無線LAN設定:無線なし

・DHCP設定

アドレス割当パターン:手動設定

  192.168.0.240~ 割当15台 ←限定させるだけ

・DHCP固定割当設定

 RT-AC68UのMACアドレスと192.168.0.254を割当 ←AC68Uは自動IP設定になっているので限定された番号内ならどれでも

・DMZホスト機能設定

 使用する □にチェック

 192.168.0.254  ←上記の固定割当のIPを記入

 

実際の設定画面を下記に

1

無線LANは元々使っていませんでしたので切っておきます。

一回毎に、「設定」、左側にある「保存」を押しておきましょう。

2

 

3

4

この写真の場所しかいじっていません。

次に

【ASUS RT-AC68U側設定】

・WAN側設定

自動割当(自動 IP )

・LAN側設定

機器IPアドレス:192.168.1.254 ←ここのネットワーク部のIPがずれているとDHCPの設定するときに蹴られるので、BL900HWで設定が終わってIPが振られた後に設定してあげた方が上手くいくかと。(192.168.1.xxの1の数字のこと)

サブネットマスク:255.255.255.0

・DHCP設定

192.168.1.1~254

5

6

7

 

ASUSのRT-AC68Uは、無線LANの強度的に満足できる商品でした。

うちは、木造2階の端っこにおいて使用していますが1階の逆方向の1階は今まであきらめていたのですが、RT-AC68Uに変えてからは問題なく使えるようになったのも大きいです。

指向性アンテナっていうのは初めて使ったのですが、今までのと比較すると確かに遠くにまで届いています。

iPhoneで見ると電波マークが一つでも全く問題なく通信ができるので、元々のAtermとは比較にならないくらいです。

でも、このアンテナの方向って先端の方向なのか、それとも向けた方向の側面方向にでているのか。。。。どっちなんでしょう。

機能的には、以下のようになりますが、もともと新製品(上位機)RT-AC87Uで設定のあったネットワーク保護機能のAiProtection が追加で設定されたのが嬉しいところです。

 

そして嬉しいことに、体感速度もなぜか上がりました。

接続速度はかわりないのになぜだかはよくわかりません。

Speedtestで試したところ、時間帯にもよりますがこれくらいはコンスタントにでるようです。

speedtest

以前は、契約当初こそ同サイトで100Mbpsを超えるときもあったのですが、最近では30Mbpsとかがざらでしたので嬉しいですね。

1,300Mbps+600Mbpsデュアルバンド
IEEE802.11ac/n/a/g/b対応
超高速無線LANルーター

– 最大1,300MbpsのIEEE802.11acに対応
– 最大600MbpsのIEEE802.11n(TurboQAM)に対応
– 5GHzと2.4GHzのデュアルバンド対応
– 接続機器を狙い撃つAi Radar機能で離れていても安定接続
– グラフィカルなASUSWRT画面ですべての設定を簡単変更
– ASUS AiCloudでどこからでもデータにアクセス
– Cortex-A9デュアルコアプロセッサーで余裕のスピード
– トレンドマイクロのセキュリティ技術で家庭内LANを強力に保護
– 使い方が広がる便利で高速なUSB 3.0ポートを搭載
– 100GBのオンラインストレージが使える1年間無料利用権を付属

 

このファームウェア以上だと、11ac以外でもビームフォーミング機能が使えるようにもなっているようです。

ASUS RT-AC68U Firmware version 3.0.0.4.374.5047
Security related issues:
1. Fixed remote command execution vulnerability
2. Fixed cross site scripting vulnerability
Others:
1. Added universal beamforming to enhance the wireless speed for non 802.11ac devices
2. Fixed IPTV related issues.

 

速度に不満がある人も試してみてもいいかもしれません、ちょっとお高いですが機能的にも買って損はしないと思います。

お金があれば、こっちが欲しかった。。。

 

 

 

25件のフィードバック

  1. jiwa より:

    初めまして。現在au one netにてBL190HW->WG1800HP2->PC(有線LAN)という構成なのですが、
    WG1800HP2の出荷設定時IPアドレスは192.168.10.1となっており、割り当てられる機器も10.xとなります。
    後者のルータにて記事内のWAN側設定のような所は見当たらず、AtermシリーズならIPv4側のLAN側設定と置き換えて大丈夫でしょうか。となるとBL190HW側でのDHCP固定割り当ては192.168.10.1 / WG1800HP2のMACアドレスという形で問題ありませんでしょうか。指定するMACアドレスはWG1800HP2のMACアドレス(LAN)でしょうか、それとも(WAN)でしょうか。長文失礼しました、アドバイスお願いします。

  2. 管理人 より:

    こんにちは、jiwaさん。
    IPV4(6)側がWAN側になりますのでそちらの設定で大丈夫と思います。

    また、BL190HW側でのDHCP固定割り当ては192.168.10.240など1以外の大きめの数字がいいと思います。
    MACアドレスでの指定はセキュリティの強化目的以外であれば、指定しなくてもいいかとおもいます。

    WG1800HP2が、BL190HWから割り当てられている192.168.10.xxxを(仮想)WAN側からのアドレスと認識させる。というような雰囲気といえばわかりますでしょうか。

  3. jiwa より:

    レスありがとうございます。理解はなんとなくですが不具合は無いので大丈夫だと思います。

  4. yahman より:

    こんにちわ
    こちらの記事通りに設定しましたら見事うまくいきました。ありがとうございます。
    ここから本題なのですが、私は家庭用ゲーム機でオンラインゲームをします。今回の設定をしてからNATタイプがオープンからモデレートに変わってしまいました。今のところはモデレートでも特に問題は出ておりませんが可能ならばオープンに戻したいところです。
    現在のルーターの設定のままで解決できますでしょうか?

    • Nao より:

      yahmanさんへ
      すみません、ご返答が遅くなりました。
      しかしながら、申し訳ございません、PS4などで使用していないので確認と対策がちょっと思いつきません。
      双方のルーターで、ポート解放できているかによると思います。
      注意点としては、ホームゲートウェイは、増設側のルーターのアドレスを指定してやる必要があります。
      (例えば、192.168.0.254など)

      お役に立てず申し訳ございません、なにかしらの設定で回避できた際には教えていただけると幸いです。

  5. たかぞー より:

    これだと二重NATなんてアプリによっては動作しないものが出てきますね
    結局ルータの性能が低い方に引きずられますしAC68Uのルータ機能を停止させてAPモードとして利用するほうがムダのない構成ですね

    • Nao より:

      たかぞーさん
      書き込みありがとうございます。
      そうですね、動作しないようなアプリや微妙な動作をするやつもあるでしょう。
      APモードではできなかったAC68Uの機能が使いたかったというのが本来の趣旨なので、そこの点ではまぁいいかなと。
      妥協の産物なのは否めません。。。

  6. きゃぴたん より:

    AppleのAirMac Extreme、AirMac Expressでこの設定をと思っているのですが、もし設定方法をご存知でしたら是非とも教えて下さい。
    BL900HW側は設定出来ていると思います。
    AirMac側の設定で、接続方法の「DHCP」では設定出来ず、「静的」となり、IPアドレスを「192.168.1.254」としようとすると、「入力されたルーターアドレスは、お使いのWAN IPアドレスと互換性がありません。」と出て設定が有効に出来ません。
    ルーターアドレスは設定変更するのですか?
    初期は「192.168.0.1」となっております。
    DNSサーバは設定必要ですか?
    ルーターモードは「DHCPとNAT」「DHCPのみ」どちらになりますか?

    • Nao より:

      こんにちは
      すみませんがAirMacを持っていないため設定方法についてはわかりません。
      そして、設定してから時間が経っているので、あれ?どうだったかなぁという感じです。。。
      推測でしかありませんが、ルーターのアドレスがxxx.xxx.1.xxxの1の部分がBL900HWとAirMacとでづれているのではないかと思います。
      もしくは、AirMacのWAN側のDHCPを自動ではなく、BL900HW側で設定したアドレス、例えば192.168.0.254に固定などできませんでしょうか?
      ルーターモードは「DHCPのみ」でいけるはずです。NATはBL900側が担当していますので。

  7. モノ より:

    記事を興味深く読ませてもらいました
    そこで質問なのですが

    実はAUひかりのグローバルIPを変更したくていろいろなサイトを参考に挑戦してみたのですが全部うまくいきませんでした
    そこでこの記事で書かれてるAC68Uというルーターで「MACアドレスを偽装する」という部分なのですが、HGWのMACアドレスをAC68Uに設定すればDHCPサーバーから新しいグローバルIPが付与されるということですよね?
    もし目的が「IPアドレスを変更したい」というだけであった場合、AC68Uを購入すればその目的を果たすことは可能なのでしょうか?もしそうであるなら購入したいと思うのですが。
    お手数ですが回答いただけたらと思います。

    • Nao より:

      こんにちは。
      確かにMACアドレスが変わる際に変更される可能性はありますね。

      近日中に試してみますので少しお待ちくださいませ。

  8. モノ より:

    お返事ありがとうございます。
    突然のコメントにもかかわらず対応していただいて本当にありがとうございます。

    • Nao より:

      モノさん
      こんにちは。
      本日、試してみました。

      結果をいってしまうと、変わりませんでした。
      MACアドレスを偽装するとはいっても、元々のルーターのMACアドレスをAC68Uに設定してやるだけなので、ISP側から見ると「機器が変更されていない」状態になるため変更されないのだと思います。

      では、MACアドレス偽装状態でISP側から1度切断された場合どうなるのか?ということも気になったため、こちらも検証してみます。

      こちらを設定するため(という理由で(笑)、本当は設定ファイルを保存すればいいだけなのですが)、バックアップと同時に他にも試せることがあるかもしれないと思い、RT-AC3200を購入して臨みました。
      こちらでも試せることがありそうでしたら検証してみます。

      とりあえず

      • Nao より:

        IPアドレスだけを変更したいなら、NICのMACアドレスを変えて直接ISPにつないでコマンドで変更してしまえばいいんじゃないか?って思いましたところ、すでに試していた方がいらっしゃいました。

        カスタム研究所さん
        http://clab.tokyo/archives/1761

        今の時間にためしたところ、私の環境では変わりませんでしたがもう少し時間をおけば変わるのではないかと思います。

  9. モノ より:

    Naoさん、お世話になっております。
    いろいろ検証していただいてありがとうございます。
    リンクを貼っていただいたカスタム研究所さんの方法を試してみましたが自分の環境ではやはりIPアドレスは変わらないみたいです。
    どういうわけか有線のPCをHGWに直結してもネットに繋がらず
    試しにONUに直結しても駄目みたいです。
    でもおかげでいろいろ試す方法があることがわかったので、検証していただいた結果や紹介していただいたサイトでの情報は有益なものとなりました。
    通りすがりの者にここまで親切にしていただいて本当に感謝しています。ありがとうございました。
    これからもサイト記事を楽しく閲覧させていただきます。

    • Nao より:

      いえいえ、全然おっけーですよー。

      もし、あれでしたら有線PCの接続方法についても分からないことがございましたら、分かる範囲でお答えさせていただきます。

      うちでは、繋がりましたので、何かしらお答えできるとは思います。

  10. より:

    初めまして
    自分が以前試したときは、ONUをPC直繋ぎで「ipconfig /release」実行後、「ipconfig /renew」をせずに配線戻してHGWの電源入れるとすんなり変わった気がします。
    偶然かもしれんませんが

  11. a より:

    お世話になりました。
    このサイトを見てwn-g300r3をルーターとして使用できるようになりました。
    調べてもわからず苦労していた所でこのサイトを見て非常に参考になりました。
    ありがとうございました。

    • Nao より:

      ありがとうございます。
      それはよかったです。

      また、お役に立てる情報をあげられるようがんばります!

  12. Fude より:

    どうもこんにちは。
    この記事を見てASUS RT-AC68Uを自分も購入してみたのですが、MACアドレスを偽装する、という設定項目はどこにあるのでしょうか?

    自分はひかり電話を契約していないのでMACアドレスを変えるだけで行けると思ったのですが、なかなかうまくいきません。

    一応サポートにも電話をかけて、HGWルーターを変える方法は無いのかと質問したところ、技術的に無理との一点張りで、どうにも教えたくないような感じでした。

  13. あき より:

    報告としてですが、こちらの記事を参考にHGW(BL900)からAC88Uを使用し無線ルータモードで接続出来ないか試みました。
    項目が殆ど一緒だったので大丈夫だろうと思い記事の通り設定を行いました。
    結果としてDNSサーバが応答しませんと出て正常にネットに接続できませんでした。
    試行錯誤し他サイトも参考にAC88Uの管理画面-WAN-WAN側DNS設定を自動接続から手動接続にしてDNSサーバー1と2のアドレスを指定しましたらネット接続できるようになりました。
    どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です