レンタルサーバーを変更してやったことまとめ

バリュードメインのXERAから、さくらレンタルサーバーへ移行したことのまとめ。

キャッチの画像は、うちにあるコーヒーの木です。

移行理由としては下記の通り

1.XERA+で有料契約をしていたのだが、3月で契約が切れる。

継続契約は2千円ちょっとなので金額的にはお安い。

2.WordPressが調子が悪くなっていた(更新すると管理画面にスクリプトエラーで入れなくなる)。

これは再インストールとかすれば済んだ話なのですが、もう何年も前にやったことで何をどうするんだかすら忘れてました。

3.XERA自体の設定がややこしい、サイトを見ても少し古い情報とかしか見つからなくてちょっと面倒そう。

4.バリュードメインがやっているレンタルサーバー移行を検討したが3つあって、どれもこれも同じように見える。

5.たまに遅くてつながらないときがあった。

 

ということで、この際だからほかのレンタルサーバーに移行しちゃえとなった次第。

でも、こんなニュースもあってこんなかっこいいことするなら、金払っててもよかったかともちょっとだけ思った。

(ドメイン管理はバリュードメインで行っているので、お金を払わなくなったわけではない。ドメイン移管ではなくてドメイン利用となる)

バリュードメインがカッコよすぎ!大規模DDoS攻撃を受けるも「某政府に対する不利益なサイトを封じ込める気だ。そんなやり方には屈しない」

 

でも、もうドメインのネームサーバーの設定も終わっちゃって面倒だからまた数年はこのままの予定。

 

レンタルサーバーを「さくらインターネット」にしたのは、容量と金額と知名度とwordpressが簡単に設置できそうとか、そういうところを重視。

速度とかはそこまで遅くなければ、全然OK(WordPressとかを置くにはちょっと向いていないサーバーらしいけど)。

 

そして、ホームページの初めのページに、他社からの乗り換え方法についてなんていうものもあって、自分にピッタリなきゃっちを見てしまったというのもある。

 

そんなわけで、申し込んでからWordPressを設置して、なんとかちょっと落ち着くまでを簡単に書いておこうと思います。

1.スタンダード以上で申し込みをとりあえず行うと、2週間は無料お試しできるけど会員登録するときにクレカ番号とかを入力する必要があるので放っておくと自動的に有料会員となる。

2.適当な名前.sakura.jpとかっていう名前で登録しておいて、あとから追加で自分のドメインを入れることになる。仮登録後に1時間くらいで本登録のメールがくるが、DNSに適当な名前.sakura.jpがまだきちんと登録されていないのでもう少しまつ。

3.さくらサーバーのコントロールパネルのIDとパスワードはメールに記載されているので、そこから今まで使っていたドメイン(ここだとiesod.com)をドメインの追加として、「送信」する。

このとき、送信したときに赤字でエラーが帰ってきたりするときには、まだDNSの登録が終わっていないことが考えられるので、もう少しだけ待ってみる。

other_company-img-010

4.送信が完了したら、さくらのネームサーバー(プライマリ:ns1.dns.ne.jp 、 セカンダリ:ns2.dns.ne.jp)をバリュードメインのネームサーバーに登録する

other_company-img-020

5.バリュードメインのログインメニューのコンパネのドメインから※iesod.comを選んで、ネームサーバーを変更するを選択する。

6.方法を選択で、「他社提供/自前ネームサーバ」にして1)と2)にそれぞれプライマリとセカンダリのアドレスを入力する、3)、4)は空白でOK。(ipは入れなくてよい)。

7.そうしたら、また時間をおいてバリュードメインのコンパネにあるwhois情報を覗いて、ネームサーバーの欄が変更されていたら完了。

(それでも自分のドメインにアクセスると前のサイトが表示されたりするかもしれないけど、ほんの少しの時間でその辺もきちんとつながるようになる様子。)

8.あとは、さくらサーバーでデータベースをインストールしてwordpressをインストールするだけとなるだけだけど、この辺のやり方はきちんとさくらサーバーに書いてある。

だけど、2点ほどつまずくところがあると思うのでそこを

9.まず一点目、www.と、なにもつけないiesod.comのどちらでもつながるようにするマルチドメインの設定にしていても、1日程度はwwwをつけないと繋がらないみたいなので、WordPressをインストールしてからコントロールパネルに入るまで、ここに気づかないと入れない。ちなみに、さくらサーバーのコンパネのドメイン設定のところにマルチアクセスにするかしないかという項目があるので、ここを設定することはもちろん必要。あとはほっておけば勝手につながるようになった。

10.WordPressをインストールするときにはドメインのフォルダの直下にはインストールできないみたいで、インストールするフォルダの名前を求められる。ここを空白にしたくても先には進ませてくれないので、適当にwpとかいれておくといいかと。

これについてはここに詳しいけど、やることは簡単でWordPressのコンパネの設定にあるWordPressアドレス、URLとサイトアドレス、URLのwpというところを消してしまって、そのあとにさくらサーバーのコンパネのファイルマネージャーでwpフォルダの中身をそっくりドメインフォルダの直下に移動してやるだけでうまくいく。

はじめ、ffftpでやろうと思ったけど切り取り移動って、、、とつまずいたので上記サイトで解決させていただいた。

11.あとは、wp-content/uploadの中身をバックアップしておいたやつからごっそり入れてやって、WordPressのツール→エクスポートしたデータをインポート(WordPress形式で)してやれば、とりあえずは形にはなる。今回は、データベースのバックアップは上書きしなかった。理由としてはXERAでWordPressを再インストールしてもエラーが頻発したため。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です