【レビュー】eRemote miniとスマートコンセントでIoT

アスキーストアとかでも良く売れているという、eRemote miniとコンセントに刺さる機器をIoT化することができるスマートコンセントを買ってみた。

eRemote miniは、赤外線リモコンで繋がる機器をiPhoneやAndroidから操作しましょう、そのまま外からも操作できますよっていう機器。

それのコンセント特化版が、スマートコンセント。

金額的に3000円以下だったから、これを選択したけれどなんかもっといろいろとあるのでそっちの方が楽しいかもしれない。

例えば、下記のやつならApple HomeKitに繋がるとかで、使用率も分かるみたいだし。

Amazon:スマートコンセント

 

というか、そもそもコンセントじゃなくてケーブル自体につけちまえば、もっと色々と広がるんじゃない?っていう製品が下記のものになって見ただけでわくわくしちゃいますね。

電灯線に割り込むとかくらいしか思い浮かびませんでしたし、これ付けてしまうと携帯がないとON/OFFができないという点ではちょっといかんともしがたい可能性もでてくるのでしょうし、厳密にいえば電気工事士の免許も必要でしょうし的な。

うちには近くに電気工事士の免許をもった友達がいるのでそやつにぼくの責任でやってもらっていますが。

 

話がそれまくった。

商品紹介

eRemote miniこちらは、クラウドファウンディングもやっていたみたいです。

製品仕様

サイズ:縦53mm 横53mm 高さ65mm

通信:IEEE802.11 b/g (2.4GHz帯)

電源:5VDC 1A(Micro USB)

対応OS:iOS 5.0以上、Android 3.0以上

付属品:MicroUSB接続ケーブル、ユーザーガイド

生産国:China

USB電源アダプタは別途購入をお願いいたします

※マークのところ、微妙に大事です。

USBアダプタが別途必要になります。

こういった機器は基本的に、Wi-Fiがある家庭での使用を前提にしていますので、ご注意くださいませ。

さらに、そのWi-Fiがインターネットに繋がっていないと外からの操作はできません。

つぎは、こちらのスマートコンセント。箱にはSmart Plugって書いてありますね。

iOSとAndroidのアプリに飛べるようです。

中身はこれだけ。

いいですね、シンプルです。

コンセントは、3ピンタイプですので日本で3ピンコンセントじゃないところで使用するときには、3ピンのアダプタか100円ショップなどで売っている10cmくらいの延長ケーブルをアースピンだけ差さないで使うとかの工夫が必要です。

が、そもそもアースは使用者の安全のために付いているっていうこともお忘れなく(つっても日本では水回り以外のコンセントにはほぼアースなんて付いてないのでどうしようもないですが。うちの延長ケーブルは3ピンタイプだから安心だ!っていう場合でも、その先元々壁とかに刺さるときに2ピンでは無意味でございます)。

レビュー

eRemote miniは、ちょっとアプリでリモコンを設定するときに、もう少し細かい設定ができると嬉しいなぁと思います。

あとは、例えばもう少しメーカーと型式を入れたら純正リモコンと同じことができるリモコンとかがでてくるようにしたら使いやすいですね。

定期的にログインを求められるのも、結構面倒です。リモコンってすぐにさっと使いたいのに、なんで今Passwordを入れる一手間が必要なんだよっ!って思ってしまいます。

これは温度や湿度をみるeSensorというものと連動することができるようです。

これがあるせいかわかりませんが、どうもまだIFTTTなどと連動ができない様子です。

netatmoがIFTTTで使えるので、温度が高くなったらとか低くなったらエアコンを付けるとかっていう設定ができるのに対応してないのでこういったことができません。

あとは、毎日決まった時間に電気をつけるとかね。

ちょっと奥まったところに置いてあっても、不思議と赤外線が飛んで使えたりすることが多いです。

多いですが、ちゃんと直線で見えるところにあったほうが動作が安定するようです。

このBroadlinkっていうところは、eRemote miniのアプリ(e-Control)と同じメーカーなので同じ物だと思いますけども…。

これで、いろんな物が繋がる!って思ったけど、いえのリビングで今赤外線のリモコンを使ってるものが思った以上に少なくてびっくり。。。

・テレビ

・エアコン

・アップルテレビ(そもそもiPhoneの Remoteアプリで操作できる)

× Amazon Fire TVは、Bluetoothリモコン(これもアプリから操作できる)

………え、テレビとエアコンだけかよ!

っていう寂しいことが発覚しましたので、急遽こんなものも買って一部の照明機器も制御できるようにしました。

買う前に、何を操作したいかを検討してから買った方がいいですよ!(考えろよ)

気を取り直して、スマートコンセントだ!

こっちは、もう操作したい物があってから買ったから安心。

以前にもこのスマートコンセントが欲しくなったときがあったのですが、使い道が思い浮かばず。。。

コンセントでON/OFFしても、その先にマイクロスイッチの電源があるような機器は繋げても意味がない。

ほぼ照明的なものか、もしくはただ動くだけのものに限定されるんですよね。

そこで思いついたのは水槽機器、例えばメタハラやらLED電灯はこいつでもよさげです。

ですが、すでに1週間タイマーで制御済みなんですよね。手元からオンオフできるのは例えばお客さんが来たときとかにライトが付けられるので確かに便利です。

設定はとても簡単なのですが、英語がまったくできないと全然わからん!っていう人もいるようなので、もう一つ購入ついでに設定の仕方も書こうとおもいますのでお待ちください。

で、現在はBOSEのアンプ1705用として使っています。

このBOSEのアンプですが、寝室に置いてあるのですが、iPhoneなどをイヤホンジャックに繋いで音楽を鳴らしていましたが、ジャック繋ぐのが面倒とか、そもそもそのまま寝てしまうことがあるのに、電源切るのが面倒とか、いつでも好きなときに音楽が鳴らしたい。

っていうことで、色々と考えた結果。

電源は、こいつスマートコンセントをアンプに付けることで、切りタイマーとかも思いのまま。

さらに、Bluetooth トランスミッターを繋いでやればiPhoneともいつでも繋げられるんじゃないか?と、調べたところほとんどが電池式とか充電式とかばっかりなのですが、ELECOMのこちらが気になりました。

これだ、これならiPhoneから繋いでそのまま聞ける!

ん?他にも種類があるっぽい。

ほほう、光デジタル出力なのか、こっちの方が音質がいいと。。。

もう一つは?

Wi-Fi?Wi-Fiに繋がって良いことあるのか?

AirPLAY対応?音質もBluetoothよりもいい。。。

これだ!iPhoneじゃなくて、常時電源がついているiTunes Serverから音楽流し放題じゃないですか!

でも、これは光出力しかない。。。。ふむふむ、みんなはデジタルをアナログに変換して繋いでると、それでも結構音質がいいと。

正直、音質はそこまで求めてはいないのですが、利便性的にiPhoneとかiPadとかを繋がないといけないっていうのよりは、iPhoneもiPadもつながってなおかつWi-Fiに繋がっているPCも繋がったほうが良さそう。

というわけで、変換は下記のをお買い上げ。

これのレビューもそのうちやりますが、思った通りのことができています。

ただ、2.4Ghz帯のせいか極たまに音が途切れたりするときがありますので、Bluetoothの方が安定してつながるかもしれません。

 

12件のフィードバック

  1. workshop より:

    どんどん増えてんじゃね?(笑

  2. workshop より:

    というか、python経由なら動くっぽいので、raspi+homebridgeでいけると思いますが…。
    使い道は難しいとこだけど、エアコン+照明はこの時期は朝起きるとき便利です。
    あと例のネタトモ?もプラグインあるので、各種データがリアルタイムでそのままhomeアプリから見れます。
    それベースにして各機器のオートメーションもできるし。
    余談ですがIFTTTのGPSはあんまりあてにならんので、オートメーション化はテストしてからのほうがいいです(笑

    • Nao より:

      raspi…コマンド、コマンドコマンド。。。。めんどぃ

      • workshop より:

        やること決まってれば雛形はコピペでいけます。
        あとは、組むのだけですね。
        つうか、それだけパーツ揃ってるのにやらないのはもったいない!

        • Nao より:

          よし、やりますか!
          ここに、先生見つけたし。

          • workshop より:

            やってください!!!(笑
            ところで、アースはいらないなら折って(爆
            結構これしてるの多いです、現場では。
            で、これってwi-fi?
            どうやって設定するの???

          • Nao より:

            これ、アース折ろうとすると多分筐体がわれそうな感じなんす。

            Wi-Fiで簡単設定っす。

  3. workshop より:

    KooGeekのを買ってみました。
    一発動作で完璧です。
    アースはグラインダーでバッサリカットです(爆

    • Nao より:

      それは良かったです!
      アース、、、一応アースも大事ですからね?!
      邪魔だけど

      • workshop より:

        大事なんだけど、そもそも一般住宅の普通の部分でどれだけあるん?
        コストカットの最たる部分ですからねえ。
        うちでは、どうしても、ってとこは変更で入れさせましたけど。
        とはいえちゃんと施工されてるかどうかは謎ですが…

        • Nao より:

          住宅の電気工事って結構適当なんですよね。
          うちでもきちんとは確認してないですが、たぶんコンセントのneutralは適当なんじゃないかと思います。
          これは、検電ドライバーつっこめばすぐにわかりますけども。

          アースの確認方法、、、んー、neutral側と導通するのはよろしくないですし意味もないので地面に自分でアース棒を打ち込んでそことの抵抗を接地抵抗測定器ではかるとか?

          漏電ってこのごろでは殆どしないですもんね。
          昔はスーパーの冷凍庫とかの金属枠とか、よくピリピリしてたんですが(あぶねぇ

          水回りとかは、濡れると心室細動誘発電流ってとことん低くなりますからアースの大切さって結構重要です。
          200vな諸外国はもっと重要なので、アースが普通なんでしょーね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です