Windows Home Server再インストール その1

そもそもの発端は、Windows Home Server(以下:WHS)のOSが入っているシーゲートの500GBのHDD(例の突然死して騒ぎになったあれシリーズ)が、SMART情報でリードエラーやらいろいろと危険信号を発し始めていたため。

基本的に、WHSはOSのクラッシュくらいじゃへこたれない子ですし、データディスクの1つが死んでもへっちゃらな子なんですが、うちのシステムはHDDの量を多く確保したいということで、ポートマルチプライヤーっつーSATAを5個とかつなげたやつをESATAで接続してやるとかそういうことをやっていて、そのESATAがポートマルチプライヤー対応のボードを追加しているのです。

どうも、噂によると追加ボードなどがあるとWHS再インストール時にHDDをすべて見つけられずに新規インストールしかできないことがあるとか、、、

通常は、データを保存したままOSのみを新規でインストールできるのですが、新規のみしか選択できないと保存してあるデータが復帰できないのです。

復帰できないというのは多少語弊がありますが、WHSのOS上のDEという機能で管理できなくなるということで、実質つかえねぇ状態になるのです。

では、データのHDDのみをあとからデータを入れていけばいいじゃないか、という話になると思うのですが、このWHSさんのDE(どらいぶえくすてんだー)という機能はソフトウェアRAIDのような働きをしていて、すべてを単一ボリュームに見かけ上してくれた上に、複製を選んだフォルダーのみを他のHDD上に複製してくれるという優れものなのです。

そのため、このDEが割り振ったファイルはどこになにがどうなっているのかもうてんでばらばらに散らばると、そういうことであります。

で、2個とかあるし。

個人的にはRAIDよりも好きですけどね。RAID5とかは仕事上でたまに見ますが、よく復帰できないで大変なことになっていますから。。。意味ねぇ。

それも、SCSIのRAID5でですよ?(信頼性がSATAよりもはるかに高い) まぁ、SUN鯖とかでもこの頃はSATAだったりしますけどね。SAS使ってるときもあるのかもしれませんが。

そこらへんは管轄外です。ごめんなさい。

そんなわけなので、WHSが認識しないといろいろと大変な目にあうのです。

まだ、このシステム(ボードを足した状態)からWHSのみを再インストールしたことがなかったので、今回は大事を取ってデータをバックアップしたうえでWHSの再インストールに臨もうという次第です。

さらに、どうせならということでCPUもE5200(Pentium D dual core)から、奮発してQ9550に載せ替え(MBもするかも)も検討中。

どうせ来年初頭にはVailっていう時期WHS OSが登場する予定なのでそれを乗せるためにも若干のパワーアップはいいだろうと。

あとは、この頃WHSにAirVideoとかのソフトを入れてるので、少しでも軽くなったほうがいいかなぁなんて。

さて、問題はHDDの容量です。

現時点で約11TB

データが4.6TB(多重化で単純に倍なので9.2TBをデータで使っている計算、もったいないね。複製しなくていいデータも一応複製させてるからなぁ)

んで、WHSの優れた機能であるクライアントPC(ほかのパソコン)のバックアックデータが1.2TB

はじめ、このバックアップデータはほかに移動できないと思っていたのですが、こちらのエントリーなどでバックアップできることがわかりましたので、急きょバックアップすることに。

WHSのいいところは、こういうめっちゃ詳しい方たちの情報提供がすごいところですね。

で、わかりやすく書いてあるので、ママでも使えるサーバーにとっては重要ポイントだと思います。

感謝感謝です。

まぁ、そんなこんなでバックアップに必要なHDDの容量は単純計算で5.8TB必要なことに。。。

ばかな!3TBが出たとはいえ(高くて買えない上にWHSはwindows server 2003ベースなので読み込みはできるけど、DE(OSが管理する多重化とかね)では使えないため実質使用不可)。

2TBで3個(フォーマットすると1.8TB程度しか使えないので3個じゃ足りない)

なんか、本末転倒な気がしてきた。。。バックアップが多重化で怖くないWHSのDEの復元のために、バックアップで6TB必要?!

むぅ。。。

納得するために、HPおx510というWHS機がほしいので、メインのWHSが復帰したらそれのデータ用HDDとして使おうとか、そんなこんなで納得。

で、買いに行ってふと気づく。

WHSのOS入れるHDDは?!

結果

WDのいわくつき2TBを2個(データ用、セクタが違うけどアライメントすれば問題なし)

日立の2TBを1個(OS用、ちょっとだけでも信頼性が高いイメージw ほとんど変わらないんだろうけどね)

日立の1TBを1個(父親のWHSを作るようにとりあえず買った)

計7TB

はい、バックアップには足りないのです。家に転がっていたシーゲートの750GBを使うことにしました。

これで、なんとかバックアップができることに。

バックアップに関しては、ポートマルチプライヤーの方が1個ポートが開いていたので、そこにWDのHDDをつけることに。

めんどくさいので、7-8をジャンパして使うことにしました。

MBRが壊れるみたいなので、パーテーションの作成から行う必要性があります、マイコンピュータ右クリックの管理でディスクの管理から行います。

DE上でバックアップに使用するで追加してから、バックアップを開始。

約2TBのため、一つのHDDが終わるのに約半日。丸一日強かかってとりあえず、4TBが終わりました。

ふと、きちんと見えるのかな?と思って先にバックアップしたほうをもう一度つけて確認しようとしたところ、、、

WHSに追加するためには、パーテーションを作る必要性がありますとかいう文字。。。。おれの半日の苦労は?

なんで認識しない?!WDでジャンパでつかったからか?(もちろん一度刺した後は抜いていません)

その前に終わったもう一台のHDDを入れてみると、認識しますね。

。。。?

ちなみに、windows 7機につなげてみてみると、、、両方とも見えません。・・・・危なすぎる。

というわけで、1日分の時間を無駄にしたわけですが、今度はwindows 7機につなげてLAN経由でファイル単位でコピーします。

windows 7につなぐ用に、ジャンパを抜いてパーテーションを作り直しました。

直接つなぐよりも遅くなりますが我慢です。

今日で約2日目ですが、やっとバックアップデータまでをバックアップがもう少しで終わるくらいです。

・・・・ふぅ。

WHSが2台あったら、WHSのバックアップとかをほかのWHSに行うこととかできるのかなぁ?

WHSのバックアップ機能からは、WHSのDEに追加したHDDじゃないとできないっぽいのでその機能を使ってはできなさそうです。

そのためネットワークHDDとかも使用不可。

なので、robocopyなどの複製ソフトを使ってみようかなと思っています。

WHS再インストールは、、、さてさて、どうなることやら。。。。

自分の備忘録としてコピーさせていただきます。

もともとの記事は薩摩藩中仙道蕨宿別邸さまのほうにあります。

バックアップ方法

  1. まずバックアップ先のHDDを用意します。
    (外付、内蔵いずれでもかまいませんが、サーバーの記憶域には追加しません)
  2. WHSにリモートデスクトップ、またはローカルコンソールでログオンします。
  3. コマンドプロンプトを開きます。
  4. 以下のコマンドを入力しエンターを押下します。
    net stop PDL
  5. 以下のコマンドを入力しエンターを押下します。
    net stop WHSBackup
    これによりWHSのBackupサービスが停止します。
  6. D:folders{00008086-058D-4C89-AB57-A7F909A47AB4}
    のデータをバックアップ先のHDDにコピーします。
  7. 以下のコマンドを入力しエンターを押下します。
    net start WHSBackup
  8. 以下のコマンドを入力しエンターを押下します。
    net start PDL

復元

  • まずバックアップしたHDDを用意します。
    (今回もサーバーの記憶域には追加しません)
  • WHSにリモートデスクトップ、またはローカルコンソールでログオンします。
  • コマンドプロンプトを開きます。
  • 以下のコマンドを入力しエンターを押下します。
    net stop PDL
  • 以下のコマンドを入力しエンターを押下します。
    net stop WHSBackup
    これによりWHSのBackupサービスが停止します。
  • D:folders{00008086-058D-4C89-AB57-A7F909A47AB4}
    配下のデータを削除します。
  • バックアップHDD内の folders{00008086-058D-4C89-AB57-
    A7F909A47AB4}を  D:folders{00008086-058D-4C89-AB57-
    A7F909A47AB4}
    に上書きします。
  • 以下のコマンドを入力しエンターを押下します。
    net start WHSBackup
  • 以下のコマンドを入力しエンターを押下します。
    net start PDL
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です