CX-5ブレーキキャリパー塗装

IMG_9141

うちのマツダ CX-5さんは納車時に別途料金で、ブレーキキャリパーを塗装して貰っていました。

ディーラーの方からも、すぐに劣化してしまいますよーって言われていましたし、前に乗っていたゴルフも純正塗装でもすぐに劣化することは知っていましたので、それでもとりあえずお願いしました。

2年目の冬を越えたくらいから、明らかに劣化しているのが見て取れましたが、時間が取れなかったりそこまで車にモチベーションが湧かなかったりしたこともあって、放置しておりました。

3年目の車検も上がったことなので、さてやるかなぁと。

今回のキャリパー塗装はお手軽塗装です。

【必要時間】

約3時間(夜間放置乾燥)

 

【必要物品】

ワイヤーブラシ

パーツクリーナー(ブレーキクリーナー)

マスキングテープ

100均ショップのプラスチック紙コップ2個くらい

刷毛(10本1000円とかくらいの)

プラサフ(いらないかも)

耐熱塗料(そこまで耐熱じゃなくても良いみたい)

今回は使用しなかったけど、ウレタンクリア

ホームセンターだと2500円くらいするけど、Amazonだと高くても1900円くらいなので、必要を考えている人は購入しておくことをお勧め。

うちにも一本は在庫している。たまぁに、まとめて塗装するのに使用する。あとは、この頃多いヘッドライトの曇り取りの最後にも使用する。おすすめ。

 

パーツクリーナーは1本(840ml)が300円切ってたら買っておこうって感じにしてます。メーカーによっても乾きやすいものとか結構違う。けど大量に使う物なので安いもの。

ケミカルは、お金に余裕があったらワコーズがおすすめです。ハズレがほぼない。

刷毛はこんな感じのやつ。

今回使ったのはアストロプロダクツの耐熱スプレー 赤。理由は、安いから。

プラサフはいつも通りソフト99のもの。

 

状態的には、こんな感じ。

たぶん、凍結防止剤の塩化カルシウムが悪さしまくってるんだと思われ。

IMG_9129

まぁ、3年でこの程度なら許容範囲かなぁって思う。

IMG_9130

ぼつぼつと錆びが浮いてきてるけど、今回はパーツクリーナーをかけながら、ワイヤーブラシで汚れを取るくらい。

IMG_9132

ゴム部分や塗りたくない箇所にはマスキングテープをぺとぺと。

そしたら、一応ってくらいにプラサフを塗り塗り。

100均のプラスチック紙コップとかにプラサフスプレーをして、刷毛で塗り塗りしていきました。

IMG_9133

ちょっとまって乾燥したら、またプラスチックコップに耐熱塗料をスプレーして、刷毛で塗り塗り。

IMG_9134

二度塗りくらいで十分、結構良い感じ。

最初に塗ったやつは、裏側見えないところはいいやーって塗りませんでしたが、そんなに時間に差異がないので塗った方があとあと満足感が違います。

手抜きはいけないね、やっぱり。

他のところは全てきちんと塗り塗り。

IMG_9137

艶もでて結構いいんじゃないでしょうか。

IMG_9140

一箇所完成。

ホイールを当てないようにしてタイヤを付けて、次へ。

IMG_9147

IMG_9149

リアブレーキの方が劣化が見られる。

フロントの方が熱を持つから劣化しやすそうなんだけども。

IMG_9151

こちらも、同じようにして塗り塗り。

IMG_9164

裏側も塗ったら完了。

 

赤は思っていた以上に目立ちますね、次回からは黒でもいいかなぁって思っています。

 

本当は、この上にウレタンクリアを塗るといい感じに仕上がって耐久性もほんの少し上昇しますが、クリアを刷毛で塗れるか分からなかったのと、暗くなってしまったのと、ガッツが足りなくなったので、本日の作業は終了。

やってから、1ヶ月以上が経過していますが良好です。

やっぱり冬の凍結防止剤がなければ結構持つんでしょうね。

 

 

amazonjs asin=”B00JM7T6F2″ locale=”JP” title=”【アストロプロダクツ】アストロ 耐熱スプレー 赤 200ml”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です