【レビュー】Narrative clip 2がやっっっと届いた

IMG_9854

2015年9月30日に発注していた、Narrative clip 2がやっと届きました。

支払いだけしていて、全然音沙汰がなかったので流石に2回くらい問い合わせをしました。

日本への製品は今のところまだ目処がたってないっていう返答が2回くらい…最後は、白か赤なら早く送れそうだけどどうする?っていうメールが来ていたけど、無視していたらその2日後くらいに送ったよってメール…あぶねぇよ、白でもいいやってやってたらどうなってたことか。

白でもいいんですが、ウェアラブルカメラということで日常をただただ記録していきたいだけなので、カメラとしての存在感を消したかったのもあって黒を選択したんですよね。

で、届きました。

 

と、思ったら今日になってFedExさんから請求書なるものが届きました。

税金1300円を支払ってねですって。

郵便で届くときにはその場支払いなので、支払いはないものと思っていました。

あとから来ると高く感じるなぁ。

 

仕様

8MP Camera & Full HD Video
8 megapixel photos, 1080p video at 30 fps, features a built-in GPS and stores up to 4,000 photos or 80 minutes of video.

GPS内蔵の800万画素と1080p(30 fps) 8GBの内容量。

Wi-Fi & Bluetooth
Upload your content to the Narrative Service over Wi-Fi or use Bluetooth for settings and manual capture with your smartphone.

スマホからBluetoothでセッティング可能で、充電中にはWi-Fiからアップロードもできる。

Interchangeable Mounts
The Narrative Clip comes with a interchangeable mounts function, allowing you to find the best solution that works for you.

いくつかの付け方も選べる。

詳細

・ Camera Sensor 8MP / 1080p Video
・ Camera Aperture f/2.2
・ Lens Diagonal FoV 86°
・ Output Format JPEG / MP4
・ Resolution 3264×2448 (4:3)
・ Backside Mount Flexible
・ Weight 19 grams / 0.67 oz
・ Connectivity USB 2.0, Wi-Fi (802.11a/g/n 2.4 GHz + 5 GHz), Bluetooth 4.0 LE
・ Memory 8GB
・ GPS Built-in

スマホ(iPhoneしか試してないけど)からは、下記の項目が変更できる。

撮影間隔: 10秒、20秒、30秒、60秒、120秒
動画解像度: 720p、1080p
本体ダプル(トリプル)タップ時の動作: 無効化、バッテリー残量表示のみ、写真撮影、動画撮影
動画撮影時のビープ音の有効化、無効化
アップロード用のWiFi設定

 

Wi-Fiでアップロードすると、Narrativeのクラウドサーバーに自動的にアップロードされて、そのアップロードされたやつがスマホアプリから見ることができる。

それをシェアしたりも可能。

でも、これがくせ者で10GBまでが無料。それ以上はもちろん有料。

 

そんな訳でレビュー

IMG_9855

基本は、いつでもONになってるよーっていうことなんですが、電池がなくなってるんだか固まっているだかが分かりづらい。

アプリで電池容量が少なくなってますよーって言って欲しい。

ひっくり返しておいておくとオフになってるっぽい、多分。

IMG_9856

スマホからバッテリーの容量チェック(本体のダブルタップかトリプルタップで見れるようにすることも可能)することができるけど、上記の通りバッテリーが切れて沈黙していると繋がらないので、固まってるようにしかみえなくて不安になる。

IMG_9857

基本あh、30秒毎に自動で撮っていってくれる。

でも、本当に30秒毎?途中飛んでない?っていうこともある気がする。

IMG_9858

2からは、ビデオも取れる。電池と容量を結構食うからどうなんだろうと思うけど。

IMG_9860

このアップロードフォトが未だに微妙。

最初はデフォルト設定のまま、自動アップロードにしていたんだけども充電していても自動で始まらないことが多々。

そして、10GBなんてすぐに埋まるだろうし、同じような写真ばっかりで見にくいということでPCに保存してGoogle photoとかの無償クラウドにアップロードしたくなった。

けれども、ソフトウェアなんてどこにあるんだかよく分からない。

探しました、、、

サイトの上にあるGet StartedからNarrative Clip 2を選択して、そこのActivateを選択すると下の方にあります

Windows ダウンロードリンク

Windowsはvista以降ならOKっぽいです。

 

これを入れて、Wi-Fiアップロードからデスクトップに切替えて、保存場所を選択してやれば保存される……筈なんですが、繋いでもきちんと始まらないことばかりです。

ケーブルの抜き差しを2回くらいして放置すると始まりだしたりします。

なんだろね。

環境は、Windows8.1とWindows10で試しましたがどちらも似たような感じ。

 

そして、そのフォルダを自動でGoogle photoにアップロードするようにした結果!

大変なことになりました。。

gphoto

こんな訳のわからない画像が山ほど……これは、多分カバンに付けっぱなしにして車においたままにして買い物とかにでも出たときか。

あとは、ホテルについてからカバンを放置して置いておいたらホテルの天井だけがずらーっと、とか……。

使い方をもう少しきちんとしないと、こういうどうしようもない画像を量産することになるなぁと。

とりあえずは、Google photoへの自動アップロード設定はしないようにしました。

Google先生にNarrativeだけのアルバムとかなんか設定とか、似たような画像はまとめてくれる機能とかついてくれないかなぁ。

fe014e50314a39354c12b1d7b8a8b100_0000003706

こういう画像ももちろん、あるにはあるんですが、取り込んだあともほとんどが画像が90度回っていたりします。

ジャイロセンサーとかついてるんだから、取り込む前に補正してくれてもいいのに…っていうか、これのときはきちんとclipつかって正常な位置に付けていた筈なんだけどなぁ。

Wi-Fiでクラウドにアップロードしていたときには、きちんと補正してくれてた気がするので、そこら辺の機能はクラウドに入ってるのかもしれません。

 

まだ使い始めたばかりなので、今後どうなることやらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です