【クラウドファウンディングレビュー】VUFINEレビュー

DSC07342

いくつか、クラウドファウンディングしていたものが届いたりしていたのですが、取り急ぎこいつはやっておかないといけないかなということで、kickstarterのVUFINEです。

VUFINE.comはこちら。

DSC07373

ここんところ、写真だけ撮っておいてレビューをサボりまくっていた管理人です。

ですが、VUFINEは近年まれに見る期待大のプロダクトだったので、先日日通のアットホーム・エクスプレスなるところから荷物を預かったよーと来てからどきどきしつつ待っていたところ、本日届きましたので早速レビュー。

【ざっくり簡潔レビュー】

眼鏡を選びます、眼鏡によっては

「なんじゃこりゃ!頭振ると勝手に動くし、見えにくいし、眼鏡がずり下がってきて使い物になるかー!!」

って叫んじゃうかもしれません。

ですが、眼鏡によります。眼鏡がそれなりにきちんと頭と鼻にフィットしつつ、眼鏡のツルの形状がフラットに近くてそれなりの太さがあるものでしたら、あら不思議、結構頭振っても動かないもんだね。

ってなります。

 

DSC07338

日通さんが海を渡って、ゆうぱっくさんが日本で配達してきてくれました。

っていうか、今日日曜日だよね。ゆうぱっくさん、ありがとう。

4月5日にサンフランシスコを出発して、4月10日到着。

成田到着してから3日~5日で配達されるよって書いてあったので、随分と速いな。

そういや去年に、日本から郵便の速達を利用してサンフランシスコへ送ったら2日で届いてびっくりした。

仕事でたまに使う次の飛行機に乗せるぜ!っていうお高いオーダーと同じくらいの日数、日本郵便やるなぁって思った。

DSC07340

外箱はこんな感じ、この段ボールみたいな箱がきっつきつだった。

DSC07343

脇をかりかりかりっと、切り離していく。

まずは、内容物から

DSC07344

こんな中身

上蓋のところに説明書

DSC07346

kickstarterのビデオでおなじみの綺麗な女性。

と、シール。

DSC07347

眼鏡まで入ってた。びっくり。

そして、親切なのがHDMIケーブルも入ってる。嬉しいね。

DSC07349

HDMIケーブルは、ちっこいほうがVUFINE本体に刺さるほう。

ケーブルの長さは約1.2mちょっとくらいかな。

USBケーブルも、同じくちっこい方が本体へ。

DSC07350

DSC07351

磁石式ドッキング・ステーション

眼鏡のツルに巻き付けるところ。

DSC07358

VUFINEロゴが入った眼鏡、もちろん伊達眼鏡だけども、レンズは入ってる。

きつさはちょっときついなぁ、自分が眼鏡を買うときにはきっと選ばないサイズ。

普段着用している眼鏡が、OAKLEYのVoltage、サイズが53サイズなので参考に。

でも、あとから分かった。このサイズ感じゃないとずり下がってくるんだってことが。

DSC07360

さくさく進みましょう、これはスタビライザという部品で、メガネフレームが狭いときに使うらしい。

IMG_7476

これが、その図。

試してみようと思ったけど、金属製でメガネに傷がつきそうだったのと、これを付けて何をスタビライズするのか不明だったのでとりあえず放置。

ここにドッキングステーションを付けるんだろうけど、ちょっと大きい気もする。

さて、本体は色々な角度から。

DSC07362

DSC07364

右に見えるのがスイッチ。

青色LEDでON、長押しでOFF。

充電中は赤色(充電時間は平均約1.5h)

DSC07365

DSC07366

下側にケーブルがでてくる。

DSC07369

ケーブルが下側から出てくることからも推測されるとおり、右目側にしか付けられません。

ケーブルを上からでもいいから、左目側にってやると画面が逆さまになります。

 

【レビュー】

※使用初日、使用時間約30分。

というわけで、普段遣いのメガネにとりあえずは装着して、なんかHDMI出力してそうな物を。。。。なかなかない。

PCとか接続してもあれなので、んっとビデオカメラを接続することに

とりあえず、ケーブルを付けて本体をパチンと、、、重い、え?メガネが下がってくる。

マジか、いやいや場所が悪いだけだろう、慌てず少しずついい場所が探せる筈…。

充電池は残量があるみたいなので、とりあえずは画面が映ることを確認。

どちらかの電源が先についているかどうかで認識しないときがあるっぽい、線を抜き差しすると認識してくれる様子。

少し頭を動かすと…VUFINEの画面がどこか行く、っていうかメガネを固定していてもVUFINE本体が動きまくる。

頭を少し振っただけで動くとか、え…ちょっと、そしてメガネもずり下がる。

やっちまったか、kickstarter…。

そうだ、そういえばついていたメガネで試してみよう、あれはきついからまた違うことになるんじゃないか。

結果、当たり。

これ、試すためにでもこのメガネついてなかったら、なんじゃこりゃぁ!!ってなる人いるかと。

度数が入っていないので画面はぼやけますが、とりあえず頭を動かしたくらいじゃVUFINEの画面が視線の先からなくなることはない様子。

そして、メガネもずり下がらない。

でも、度数が入ってないので見えない。

…確か、昔予備と冷やかしでネットで買った少し小さめのメガネがあった。

DSC07375

DSC07376

これこれ、ツルの部分も太いし良さそうじゃないか。

おお!これをVUFINE専用メガネとして任命する。

DSC07378

OAKLEYの方は、こんな感じで少し角張っていて形状的にも不安定になってしまいそうな形状なので、ドッキングステーション自体が動くことでVUFINE本体も動いていたということ。

見え方と、どんな感じ?っていうと

見え方は、目に近い方が画面が全部見えます。

そして、若干離れていてもピントが合わなくなるっていうことはない感じ。

メガネのレンズ越しくらいの距離だと若干四隅のどこかがケラレる感じがするかなっていう程度。

目の前に置くと、他の風景に重なる感じが強くてVUFINEの方にはちょっとピントが合わせづらいかなと、慣れかもしれませんが。

上下の位置に持っていくと、視線をずらすという動作によって自然とピントも合わせるので見えやすいかなって思いました。

風景も見ていて、VUFINEのモニタも見ているというのは、基本的には難しいと思います。ピントの位置が結構違うため、何かをしながらどちらもというのは、ちょっとばかし辛いかなと。

これも慣れるかもしれませんけども。

一眼レフなどの電子ビューファインダを覗いてる感覚がもちろん近いのですが、あちらは無意識的に頭とカメラで位置調整をやっているのに対して、VUFINEのほうは基本的に固定で、少しずれただけでもカメラと違って手では持っていないので若干ずれたりします。

そこが大きな違いでしょうか。

 

【気になる点】

ビデオが休止モードになって、再度立ち上げたところ認識しなくなったため線を抜き差しして対処した。相性かもしれませんが。

少しちらつきがあるように見え、フォーカスが少し甘い気がする。

繋いでみたビデオのせいかもしれませんが、モニタの真ん中近辺だけに細長く表示されているような感じでもう少し下側に映ってくれると見やすいのになぁと。

モニタに映る位置などの調整があると嬉しいですね。

この辺は、Android携帯やiPhoneなどとも接続してみる予定ですので、接続したらまたアップデートします。

 

2016年7月14日追記

iPhoneで試しました。

使ったのはこちら。

LightningケーブルからHDMIに画像を送ってくれる装置。

これ、使えばiPhoneでビデオ付けながら作業できるんじゃない?って思って。

結果?音ならなくなるんだけど、これってどうすればいんだろ………。

むー……仕事中にこれを繋いでビデオを見るというような使い方ができるかとおもっただけどなぁ(マテ

 

2016年9月17日追記:

コメントで通りすがりさんから、いただいていた「SPALDING スポーツバンド スポーツ用メガネバンド ネイビー」

こちらを購入して、実際に試してみました。

img_2420

img_2421

マジックテープで頭の大きさに合わせて調整する感じで、メガネに付けるとこんな感じ。

img_2422

少しきつめにして試してみた感じとしては、うん!動かない!

でも、ちょっときつめだったかして、ノーズパッドが食い込む感じ、そしてまつげにレンズが当たる…。

これなら、結構いろいろと頭の向きを急激に変えても良い感じになるかも。

もちろん、メガネの蔓自体が細くて取り付けるクリップ自体が動いてしまっては意味がないですが。

そして、iPhoneのHDMI変換をして見てみたところ、、、、、、ちっこい。

見えない、横画面にしても見えない。

文字はアップにしないと読めたもんじゃない。

あれ?こんな筈じゃなかったのにっていう感じ。

さて、何に使おうか(買ってからほとんど使えてない。)

 

ちょっとだけ未来がやってきた!そんな気にさせてくれるガジェットです。

 

【使ってみたいもの】

・ 運動会やイベントなどで前に人がいる際に、ビデオカメラ本体を上方に上げて撮影するときなんかに上を見上げて撮らなくてもいいかなと。

・ ながら見ができるんじゃないかと、何か作業をしながらビデオを見たり(どちらか一方になりそうですが)。

・ 飛行機などで、他の人に見られたくないビデオ(エロじゃないよ、エロじゃ。流石にそんなところでは見ないよ!アニメとかあるじゃないですか)を一人だけで鑑賞できるかなとか。

・ デジカメなどでファインダーを覗かずに撮影できれば、背面液晶などの角度などを気にしないで撮影ができるかなと(ちょっとフォーカスが甘いかもしれませんが)

他には、んんんんーー便利な使い方があるような気がするんですけどもね。

 

でも、1番の気になる点

press_6_thumb

目立つ

でも、付けて鏡で見てみたら、結構スカウターっぽくて中二心をくすぐられたので、悪くはなさそうだけども、目立つ。

絶対目立つ。付けて歩いていたら、目を反らすか、じっと見てしまう。

戦闘力計られてる感じがして落ち着かなくて、指をくいっとかされたら蒸発してしまうんじゃないかと心配になる。

 

早くメガネのレンズに表示されるようにならないかな。

そして、これって車運転中に付けてたら捕まるのか?!

 

13件のフィードバック

  1. mon より:

    バイクのバックモニターとかどうだろう?

    • Nao より:

      monさんへ
      バイクのヘルメットだとメガネにはつけられないので、メットに直接だと思うけど、厳しいかなと。
      それなら、普通にハンドルにモニターつけたほうが良さげかも

      • ななしさん より:

        まあ確かに? やっすいディスプレイ買って載せた方が楽かも(笑)
        車だとダッシュボード上が段々と乱雑になりますが

  2. ななしさん より:

    国内では希少なレビュー、ありがとうございます
    車のサイドミラー代わりにならないかな?と考えていたり
    まあ防水カメラとか必要ですが
    て、上手く使えるのかな

    • Nao より:

      コメントありがとうございます。
      一つしかモニタがないのと、あの大きさを分割したりするとちょっと小さすぎる感じですね。
      確かに視線を動かさないで(ピントの調整は必要ですが)見えるのはいいのですが、半強制的に視界に入ってくるのも微妙な雰囲気です。
      もっとなにかいい使い道があると良いんですが。

  3. 通りすがり より:

    こういうメガネバンド使ったらズレとか気にしないですまないですかね?https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00JNLIQ1C/ref=pd_aw_sim_193_2/353-8137215-1728915?ie=UTF8&psc=1&refRID=KK3TPCY81JYR8NTXA3AV

  4. 通りすがり より:

    あと、マニュアルとかを見ながら作業するには両手が空いていいんじゃないかなと思うんですが、そうは上手くいかないですかね。テキスト見ながら、筆記するとか。電車内とかだと使えそうかなと。

  5. Nao より:

    通りすがりさんへ
    おお、そのバンドは素晴らしいかもしれませんね!早速購入してみます。
    届いたら追記しますね。

    それと確かにマニュアルを見ながら何かの組み立てとかには使えそうです。
    電車内とかだと、周囲の目さえ気にしなけば結構いけるとは思うのですが、いかんせん戦闘民族に見られること請け合いです。

  6. 通りすがり より:

    レビューありがとうございます。
    ラバーの取り付け位置をもっと、レンズよりに目から放せばいいのでは?私も購入して試してみましたが、電車で使うにはあまりにもサイバーな感じなんでやめました。もう一回り大きいのと画面サイズをいじれるといいですよね。アマゾンのレビューで解像度の変換かませてましたけど、そこまでボリュームが増えちゃうと小さいメリットが。。。今度は、気が向いたらキックスターターから、年末くらいに出るらしいグローブがたのキーボード&マウスを試してください。それでは、また投稿楽しみにしております。

    • Nao より:

      確かに、いろいろと試してみるのはありかもしれませんね。
      電車ではいろいろな意味で使えませんね(笑
      グローブ型のキーボードマウスですか!気になりますが。。。。そこまで逝っちゃうと、悪魔召喚くらいはできないと(え

  7. 通りすがり より:

    ですね。ファーストユーザーのジレンマですね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です