手ぶれ補正付きフルサイズミラーレスSONY α7II

手ぶれ補正付きっていうだけでも嬉しいのに、さらにボディ剛性も高まって、ボタン配列まで見直されたなんて。

DSC_0018

下の動画はCP+2015での動画ですが、いいですね。どきどきします。こういう動画。

動画:ソニーα7 IIフルサイズミラーレスの5軸手ブレ補正はグリグリ動く。CP+2015で分解デモ

下の方にOM-Dの5軸手ぶれ補正の動画も載せましたが、どうやらα7IIのボディ内5軸手ぶれ補正はオリンパス製ではないらしいという噂が。

「ソニーエンジニアの話によると、どうやら業務提携は医療分野に限られたもので、α7IIとオリンパスは無関係のようです。α7IIの手ぶれ補正システムは完全にソニーオリジナルのようで、ピエゾ(=圧電素子)モーターと日本のビルの免震装置からアイデアを得たボールベアリングシステムでつくられているらしいです。また、機械的なスプリングを使用しているが故に時間が経つにつれて弾力性が失われるオリンパスのボディ内手ぶれ補正システムよりも耐久性が高いとのことです。」

Sony took inspiration from anti-seismic Japanese buildings to make the A7II 5 axis system! | sonyalpharumors

耐久性云々は、オリンパスを使っているヒトが手ぶれ補正がすごいという話は聞きますが、へたったという話は聞いたことがないので問題になるようなことではないと思います。

それよりか、初めての機構のSONYタイマーの方が怖いような気もしますが。

5

これが、α7がでてからたったの1年ででてきたら、既存のα7ユーザーは泣きますよ。

僕は泣きました。

結果的にα7IIが手元にあるので、もうそこは良しとします。

そうです、僕はα7も使っていたのでどこら辺が悪かったか、どこら辺が良かったのかも大体は分かっています。

それを含めてあえて言います。

α7II買っちゃえ。

DSC00174

最高級機種α9がでるとか、ペンタ部を削ってNEXみたいになったα5がでるとか言われていますが、今あるものを使うと幸せになれます。

でも、ペンタ部が削られてDSC-RX1みたいな感じで、手ぶれ補正が付いたのがでたら、、、買っちゃうよねぇ。きっと。

RX1についている35mmくらいの大きさのレンズもでて、普段使いはそれでできるってなっちゃったら、買うよね。

でもα7sもいいよね、あの超高感度、、、星景動画とか撮ってみたいよね。でも、生涯で何回撮るんだって話だけど。

 

そんな感じですが、α7II。

ミノルタレンズなどの資産を持っている人は、SONYサイトの

コニカミノルタ製レンズ手ぶれ補正対応表を見ると分かるとおり、ほとんど補正対応している。

僕は全然もっていないので、関係ないけど。

基本スペックは、

・ 2430万画素センサー搭載

・ iso感度が最高iso51200。

α7からの変更点は以下の通り

  •  ボディ内蔵5軸手ぶれ補正、最大4.5段分の補正効果
  •  液晶モニター:3インチ122.88万ドット
  •  グリップまわりのホールド性がアップしグリップ丈夫にシャッターが
  •  起動時間:α7比で40%短縮
  •  AFレスポンス:α7比で30%高速化
  •  AF動体追従性:α7比で1.5倍アップ
  •  動画:XAVC Sに対応
  •  α7が約129.6×94.4×48.2mm、約474g
  •  α7IIが約126.9×95.7×59.7mm、約599g

手ぶれ補正については、ファームウェア1.00だと補正効果が弱いのでアップする必要がありますのでご注意を。

この他にもカスタム割当できるボタン数が全部で10個に、また艶有り塗装だったものが凹凸のある塗装になって指紋が目立たなく。

ペンタ部も少し小さくなりましたね。

DSC_0044

そして、なんといっても個人的に大きかったのは、マウント部の剛性アップと爪がα7sと同様金属になったことが大きいですね。

部屋がほこりっぽいのもあって、センサーをむき出しにした写真は撮れませんでしたので、Amazonさんの画像を拝借。

02

88

α7とα7Rが見ての通り、プラスチックの爪だったのに対して、α7IIは金属に変更になっています。

66

こちらがα7sですが、この機種から爪が金属に変更になりました。

やっぱりなんか問題は認識していたのでしょうね。

99

550

α7を持っていたときに、他のカメラでも試しましたがEOS、Nikonともに多少はたわみました。

でも、オリンパス(これだけはヨドバシで試させていただきましたので軽くですが)はがっちりしていましたね。

今回のα7IIはそれに近い感じですというか、全然動きません。これなら、防滴に配慮しているといわれても納得できます。

 

個人的にα7→α7IIで良かった点は

1位: 手ぶれ補正

2位: シャッター位置

3位: 剛性

4位: 塗装

重さなどはほとんど気になりません。

 

こちらは、オリンパス OM-D E-M5 5軸対応手ぶれ補正機構です。

詳細な写真は次回

 

とはいっても、値下げしているα7もサブ機としては十分いい感じ。でも、余裕があるならα7II行った方が幸せになれます。確実に。

 

レンズキットがα7IIには設定されていないんですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です